« リーディングスキルテストの調査結果 | トップページ | 出かけました(2017年10月) »

2017年10月 7日 (土)

黒潮大蛇行が発生

 約1週間前くらいの話題になるが、「12年ぶりに黒潮が大蛇行 生活への影響は?」というニュースがウェザーニュースのサイトに掲載されていた。

 ニュースによると、「黒潮は、8月下旬から、紀伊半島から東海沖で大きく離岸して流れる状態が続いており、12年ぶりに大蛇行しているとみられます。」と書かれていた。

 なんでこのニュースが気になったかというと、もう3年半以上前になるが、2014年2月16日のブログで一度「黒潮大蛇行」の話をとりあげたことがあるからだ。ということで、今回久しぶりにニュースになったので、少し調べてみることにした。

 まず、3年半前にブログでとりあげたときには、「蛇行」はしていたものの、「今後、大蛇行に発達するか注視し、黒潮の動向の把握に努めます」という発表だったが、このときには大蛇行には発展しなかったようだ。

 それに対して、今回は実際に大蛇行しているとみられる、との発表が海上保安庁海洋情報部の「本州南方の黒潮流路について」というページに載っていた。

 で、大蛇行による影響については、前回大蛇行が発生した2004年のときを見るとわかるようで、最初に紹介したウェザーニュースの記事には「大蛇行が発生するとシラスのみならず、他の魚も不漁となりました」と書かれていた。漁業に大きな影響がでてくるらしい。

 「シラスのみなず、、、」と書かれていたが、シラスに関しては、今年すでに深刻な不漁が問題になっているようだ。

 ということで、今回は黒潮大蛇行が発生した、というニュースを紹介した。なんだか、今年は気候的にもいつもと違う感じがするし、今後さらにいろいろなところに影響がでるような感じもするので、また何かあったらブログで取り上げてみたい。

--------

Copyright (c) 2017 ANADA, Koichi. All Rights Reserved.

« リーディングスキルテストの調査結果 | トップページ | 出かけました(2017年10月) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« リーディングスキルテストの調査結果 | トップページ | 出かけました(2017年10月) »