« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

2017年9月

2017年9月27日 (水)

ブログ報告(2017年9月)

 9月はかなり多忙で、先月多少休み気分で過ごせたのが嘘のよう。まあ、仕方がないことだが、気を取り直して今月のブログ報告をしよう。

 まずは、アクセス数から。

Blogaccess1709

PV 1020 日平均: 約34
UU 750 日平均: 約25

 今月も訪問者数(UU)が先月と同程度、アクセス数(PV)は先月から少し減ったが、実際には7月のアクセス状況とほぼ同じ程度になった。また、今月も毎日の2桁以上のアクセスがあり、本当にありがたい限りだと思う。今月もアクセスしてくださった皆様、感謝します。

 次はデバイス別の割合。

Blogdevice1709

PC: 45.00%(8月:42.53%)
iOS: 30.78%(8月:36.16%)
Android: 23.23%(8月:20.39%)
ケータイ: 0.78%(8月:0.61%)
その他: 0.10%(8月:0.30%)

 なんと、今月はPCの割合が増えた。アクセス数が落ち着いた原因の一つが、スマホからのアクセスが減ったことにある感じがする。

 もう一つ、アクセスページのランキング。

Blogrank1709

 今月は久しぶりにトップが入れ替わって、「リーディングスキルテスト」がトップページの倍以上のアクセス数になっていた。

 リーディングスキルテストに関して何かあったのだろうか。正直なところ、忙しくてニュースとか確認する余裕もあまりなかったので、少し最近のリーディングスキルテストに関する話題を探してみてもいいかもしれない。

 あとは、これまでと同様に、ABC予想、変形折り鶴、進級進学の意味のページへのアクセスも継続している。

 ということで、今回はブログ報告を行った。かなり多忙でブログのことに気を使う時間があまりなかったのだが、今月は先月までとは少しアクセスの傾向が変わった気がする。といっても、PCの割合が増えたのは、個人的にはホッとした気分になる。

--------

Copyright (c) 2017 ANADA, Koichi. All Rights Reserved.

| コメント (0)

2017年9月22日 (金)

出かけました(番外編)

 今日はブログ更新の日、ということだったが、夜になってしまった。今からネタを書く時間もあまりとれないので、今回は出かけました(番外篇)という感じで、ちょっと出かけた時に撮った写真を紹介しようかと思う。

 場所は、埼玉県と栃木県の県境付近から、国道50号線を中心にいくつかの道の駅へ行ってみた時のもの。このあたりは、個性的なジェラートが結構あったりして楽しめる。

 まずは、佐野インター近くの「道の駅 みかも」というところ。

Dsc_0019

Dsc_0022

Dsc_0031

 ジェラートはちょっと小さめだが、昼食で食べた「おとこセット」は、佐野ラーメンとカレー、ケーキとついている割に、野菜中心で、かつトクホの「からだすこやか茶W」をつけてヘルシーさも出したりして、なかなか面白い。

 次は、「道の駅 思川」にあるジェラートショップ。

Dsc_0023

Dsc_0025

 メニューに「何でしょう?」とかかれていた緑色のジェラートを注文してみた。食べてみたら、おそらく「ゴーヤ」の入ったジェラートだ、ということがわかった。この「何でしょう?」のジェラートは毎日違う素材を使って作っているようなので、また行く機会があったら試してみたい。

 次は、ちょっと離れたところで「道の駅 にのみや」。「にのみや」のある栃木県真岡市はいちごの産地として有名なところなのだが、行った時期がよくなかったのか、いちごは売ってなかった。ただ、いちごのジェラートはあったので食べてきた。

Dsc_0030

 もう一つ、埼玉県に入ったところの「道の駅 妻沼」にあったジェラート。

Dsc_0033

 左の赤い方は、バラのジェラート、右の緑色のジェラートは、埼玉県北部の特産のネギと(多分シャレで)ライチを合わせ「ねぎらい」という名前だった。

 ということで、今回は出かけました(番外篇)で写真を紹介した。なんだかまた忙しくなってしまって仕方がないのだが、少しでもゆとりが持てるようにしていきたい。

--------

Copyright (c) 2017 ANADA, Koichi. All Rights Reserved.

| コメント (0)

2017年9月17日 (日)

記号「0」の最古の使用例

 昨日、久しぶりに数学に関するニュースがあった。と言っても歴史の話だが、AFPBBのサイトに「最古の「ゼロ」文字、3~4世紀のインド書物に 英大学が特定」というタイトルの話題を見つけた。

 記事によると「~4世紀のインドの書物に記された黒い点が、数字の「0(ゼロ)」の最古の使用例であることを、英オックスフォード大学(University of Oxford)のチームが特定した」と書かれていた。

 もう少し具体的には、「バクシャーリー(Bakhshali)写本」と呼ばれる、1902年からオックスフォード大学のボドリアン図書館(Bodleian Libraries)で保管されてきた書物に、数字の「0」を意味する記号が使われていること自体は以前からわかっていたが、「放射性炭素年代測定したところ、制作時期がこれまで考えられていたよりも約500年さかのぼる3~4世紀であることが判明した」ということらしい。

 Wikipediaに「バクシャーリー(Bakhshali)写本」の項目があったので見てみると「バクシャーリー写本は、規則(スートラ)と、その例題が集められており、次のような順番で書かれている。規則、例題(はじめは言語、次に記号)、解、検算」と説明されている。

 これだけではなんのことがわからないが、もう少しみると「算術と代数が中心で、幾何学的な求積問題も含まれている。算術の例題には、分数、平方根、損益勘定、利息、三数法などがある。代数の例題には、1次方程式、2次方程式、連立方程式、不定方程式、等差数列などがある。記数法においては、0や未知数を表すために点が用いられており、位取りに発展がみられる」と説明されていて、古代の数学の書物だ、ということがわかる。

 実際に記載されている記号もWikimediaにあった(パブリックドメイン)ので、貼り付けておこう。

800pxbakhshali_numerals_1

 また、書物が保管されている、オックスフォード大学の図書館のサイトでも大きく取り上げられていて、YouTubeにニュース画像を流しているので、それも貼り付けておくことにする。

 ちなみに、古代中国では「零(れい)」という漢字がすでに紀元前から使われていたようなのだが、実際には数字の「0(ゼロ)」とは少々違う意味を持つ漢字らしい。また、「九章算術」という古代中国の数学書では「無」という漢字を使って「0」のことを説明している箇所が見られるようだが、これは文章の中で説明しているだけで、「0」を表す記号としは使われていない。

 その他、「0」にまつわる話を調べていくと、例えば「201」を漢字で書くと「二百一」と書いて「0」にあたる記号はないし、今回のニュースのものより古い書物には「0を意味する記号」は使われていないようだ。

 ということで、今回は「0」を意味する記号が使われた最古の書物に関するニュースを紹介した。まあ、「0」は、あるんだかないんだかよくわからない微妙な数、というイメージがある。例えば天気予報で「降水確率 0(零)パーセント」と言っても実際には全く降らないという意味ではない、なんていうのもあるらしい。

 他にも「0」について よくわからないことが多いので、また機会があったら「0」について調べてみるのも悪くない気がする。

--------

Copyright (c) 2017 ANADA, Koichi. All Rights Reserved.

| コメント (0)

2017年9月12日 (火)

出かけました(2017年9月)

 今回の「出かけました」は、先月行ってきた北海道の写真を紹介したい。

 まずは、苫小牧の港と、近くにあるウトナイ湖。

Dsc_0002

Dsc_0007

 行った時は渡り鳥の季節ではなかった、このウトナイ湖には季節になると白鳥などの渡り鳥が大量に飛来するそうだ。Wikimedia commons に、白鳥のいるウトナイ湖の画像(パブリックドメイン)があったので、ついでに貼り付けておこう。

Utonai_lake_hokkaido_japan

 もう一つ、千歳にある「インディアン水車」。

Dsc_0017

 これは、川を遡上する鮭を捕獲するために設置されているものらしい。毎年捕獲数を「サケ捕獲情報」のページで公表していて、見てみると、今年は今のところ(9月12日現在)昨年よりも捕獲数が多いようだ。

 あと、途中で撮った花の写真を載せておこう。

Dsc_0009

Dsc_0011

Dsc_0013

 ということで、今回は先月北海道へ行った時の写真を紹介した。北海道は頻繁には行くことができないかもしれないが、また機会を見つけて行ってみたいと思う。

--------

Copyright (c) 2017 ANADA, Koichi. All Rights Reserved.

| コメント (0)

2017年9月 7日 (木)

ハッピー素数(Happy Prime)

 今日の月日を並べた「907」は素数になっていたのでついでに考えてみたら、逆にした「709」も素数の「エマープ(emirp)」になっていた。さらによく見ると、0を除いて2桁にした「97」も素数でその逆「79」も素数の「エマープ(emirp)」である。

 ということで、素数に関するネタにしようかと思って「907」「709」「97」「79」に共通した性質を調べてみたところ「ハッピー素数(Happy prime)」というものが見つかった。

 まず「ハッピー数」がどんなものか説明する必要がある。ハッピー数とは「自然数の各桁を1桁に分解して二乗和を取り、新しくできた数についても同じ処理を繰り返し行って、最終的に1となる数」のこと。

 例えば、「97」の場合、

92+72=81+49=130
12+32+02=1+9+0=10
12+02=1+0=1 !!

ということで、ハッピー数になっている。何が「ハッピー」なのかよくわからないが、他の「907」「709」「79」も同じようになるはずで、これらは素数でもあるから「ハッピー素数」と呼ばれることになる。

 Wikipediaの英語版のところを見てみると、2010年の段階で知られている最大のハッピー素数は

242643801-1

で、12,837,064桁の数のようだ。ちなみに、ハッピー数は無数にあるのだが、「ハッピー素数」の方は今のところ無数にあるかどうかは不明らしい。

 ということで、今回は「ハッピー素数」というものを紹介してみた。結局何がハッピーなのかよくわからなかったが、そんなことはどうでもいいかもしれない。まあ、また時間があるときにいろいろ調べて紹介できたらいいと思う。

--------

Copyright (c) 2017 ANADA, Koichi. All Rights Reserved.

| コメント (0)

2017年9月 2日 (土)

コスモスが咲かない?!

 なんだか夏らしさがほとんどないまま、9月に入って秋のような感じになってしまった気がする。まあ、秋は秋でいい季節だから、とプラス思考で考えたい気もするが、そうも言ってられない感じのニュースが昨日あった。

 「北海道のコスモス畑に異変「花の見頃が来ない」」というタイトルのニュース。なんとなく気になって少し調べてみたところ、場所は北海道遠軽町の「太陽の丘えんがる公園」というところ。

 ここでは、比較的早い時期の8月から9月にかけて、毎年約1000万本ものコスモスが咲くそうで、花畑に多くの人が訪れるそうだ。PR動画もあって、ここでは、シラカバクリエイトというところが作成している北海道映像アーカイブスの中から、YouTubeに公開している2012年のコスモス畑の動画を貼り付けておこう。

 で、今回のニュースは、このコスモス畑の異変に関する話で、太陽の丘えんがる公園のサイトにある「~コスモス園からのお知らせ~」のページに「「今年は見頃となる時期が来ない」と発表せざるを得ない状況となりました」書かれていたことが報道されている。

 種まきの6月に多くの雨が降ってしまったことや、8月の日照時間が観測史上最も少なかったことなどが原因としてあげられている。夏の天候不順が秋にまで影響してしまったようだ。

 ということで、今回は昨日話題になった「北海道でコスモスが咲かない」というニュースを紹介した。北海道のいち早く秋が訪れるだろう場所での異変と同様のことが今後他の地域で起こるのだろうか。なんだか心配になってしまう。これから同様のニュースが出るか、注意してみていこうと思う。

--------

Copyright (c) 2017 ANADA, Koichi. All Rights Reserved.

| コメント (0)

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »