« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年8月

2017年8月28日 (月)

ブログ報告(2017年8月)

 8月はなんとなく休み気分で過ごせた気はするが、あっという間に終わってしまうのが残念だ。まあ、仕方がないことだが、気を取りなおして、今月最後の更新だから今回はブログ報告をしたい。

 まずは、アクセス数から。

Blogaccess_1708

PV 1319 日平均: 約43
UU 828 日平均: 約27

 訪問者数(UU)が先月と同程度で、アクセス数(PV)が少し増えたので、訪問してくださった方がアクセスするページ数が少し増えた感じだ。また、今月も毎日の2桁以上のアクセスがあり、今月もアクセスしてくださった皆様に感謝したいと思う。

 次はデバイス別の割合。

Blogdevice_1708

PC: 42.53%(7月:42.40%)
iOS: 36.16%(7月:29.52%)
Android: 20.39%(7月:26.83%)
ケータイ: 0.61%(7月:1.15%)
その他: 0.30%(7月:0.10%)

 先月、先々月とほぼ同様の割合で、今月もPCが4割以上を占めた。4割以上がずっと続いているのを見ると、なんとなくホッとする。

 もう一つ、アクセスページのランキング。

Blogrank_1708

 やっぱり、今月も「ABC予想の証明検証が進展する!?」のページへのアクセスが続いている。このページだけで今月は毎日平均アクセス数が「約8」で、これだけ継続的にアクセス数が多いのは本当に不思議な現象だ。

 あとは、これまでと同様に、変形折り鶴、リーディングスキルテスト、進級進学の意味のページが上位になった。

 ということで、今回はブログ報告を行った。今月は、夏休み傾向だったからかどうかはわからない、なんとなく先月とほぼ変わらない感じのブログ報告になったと思う。

--------

Copyright (c) 2017 ANADA, Koichi. All Rights Reserved.

| コメント (0)

2017年8月23日 (水)

左切り捨て可能素数

 今日の日付を数値にした「823」が素数になっていたのでついでに見てみたら、「821」「823」「827」「829」がそれぞれ素数で「四つ子素数」が現れた。そんなこともあって、久しぶりに今回は素数のネタにしてみようかと思う。

 ということで、この素数「823」に何らかの特徴があればいいのだが、と思ってさらに見てみると、これが「左切り捨て可能素数」というものになっていることに気がついた。

 今日の日付「823」は、「823」の他、左から一つずつ数値を除いていった「23」や「3」も素数になっている。このように、「それ自身が素数であるとともに、左から数字を順に取り除いたものが全て素数(さらにどの桁も0ではない)」となるものが「左切り捨て可能素数」である。なお、「107」のように、0を含むような素数は定義から除かれている。

 一桁の素数「2」「3」「5」「7」は、切り捨てるところがないものの「左切り捨て可能素数」の仲間に入れる。次に二桁のものは、これら4つの素数のいずれかが一桁目になっている素数「13」「17」「23」「37」「43」「47」「53」「67」「73」「83」「97」が当てはまる。

 同様にして、三桁以上の「左切り捨て可能素数」も列挙することができる。こうやって列挙していくとキリがないように思われるが、実際には全部で4260個しかないそうで、一番大きな「左切り捨て可能素数」は、24桁の

357686312646216567629137

であることも既に知られている。

 また、十進法以外のものも同様に考えることができる。例えば、三進法の「左切り捨て可能素数」は、

「2 (=十進法の2)」「12 (=十進法の5)」「212 (=十進法の23)」

の3つとなる。(三進法で表記された「左切り捨て可能素数」は、実はこの3つしかない。)

 ということで、今回は久しぶりに素数に関するネタで「左切り捨て可能素数」を紹介した。8月もあっという間に残りあと1週間ちょっとになってしまった。まあ、今年の夏は短かったなどと余計なことを考えても仕方がないので、これから夏休み気分を抜いていこうと思う。

--------

Copyright (c) 2017 ANADA, Koichi. All Rights Reserved.

| コメント (0)

2017年8月18日 (金)

出かけました(2017年8月・その3)

 今回も、もう少し夏休み気分で、ということで出かけたときの写真を紹介しようと思う。今回は、前回の続きみたいな感じで、南アルプスの白峰三山(北岳・間ノ岳・農鳥岳)へ行ったときの写真。

 北岳へ登った日は、最近にしては珍しく晴れて富士山も綺麗に見えた。

P7310143

 北岳山頂付近でも、いい眺めが見れたと思う。

P7310148

P7310155

P7310151

 その後の、間ノ岳と農鳥岳では、天気は曇りになったが、ちょうど歩いている標高3000m付近のところには雲がなくて、上と下に雲を見ながら歩いてきた。

P8010162

P8010163

 ということで、今月の出かけましたの写真は、3回に分けて紹介してみた。次回から、またいつも通りの更新のパターンにしていこうと思う。

--------

Copyright (c) 2017 ANADA, Koichi. All RIghts Reserved.

| コメント (0)

2017年8月13日 (日)

出かけました(2017年8月・その2)

 今月の「出かけました・その2」は、南アルプスの仙丈ケ岳に行ったときの写真。

 今年は天候があまり良くない日が続いているが、この日も朝は雨が降っていて雲が多かった。

P7290122

 ただ、登っていくうちに雨は上がって、山頂付近は霧も少なく、スカッとした眺めが見れたわけではないものの、気分良く歩いてこれたと思う。

P7290126

P7290127

P7290125

 あと、下山後の北沢峠の写真も載せておこう。

P7290131

P7290130

 ということで、今回も出かけたときの写真を紹介した。これからお盆休みでなんとなく夏休みの気分なのと、写真が残っていることもあるので、次回ももう少し写真の紹介をしようかと思う。

--------

Copyright (c) 2017 ANADA, Koichi. All Rights Reserved.

| コメント (0)

2017年8月 8日 (火)

出かけました(2017年8月・その1)

 今月は8月で少々ブログも夏休みモードで、出かけましたの写真を今回と次回、連続2回紹介しようかと思う。今回は、先月後半に八ヶ岳の赤岳に行ってきたときの写真。

 朝登り始めたときは、何となく天気がいいのか悪いのかよくわからない感じだった気がするが、森林限界を超えると、思ったよりも天気が良く、ホッとして歩いてこれたと思う。

P7220104

P7220106

P7220109

 富士山も、下の雲と上の雲の間に少し見ることができた。

P7220110

 八ヶ岳最高峰の赤岳の写真も紹介しよう。

P7220112

P7220116

P7220117

 ということで、今回は簡単だが、八ヶ岳の赤岳に行ったときの写真を紹介した。まあ、8月だし、たまにはのんびりこういう感じの日があってもいいだろう。

--------

Copyright (c) 2017 ANADA, Koichi. All Rights Reserved.

| コメント (0)

2017年8月 3日 (木)

新種発見

 6月の最初のブログは、多摩川のアユが急に減った、という話で、7月の最初は奄美大島のウニがいなくなった、と2ヶ月続いて、減ったとかいなくなったというネタが続いたが、今月の最初は「新種発見」の話題を2つほど紹介したいと思う。

(1)
 先月後半になるが、「どうやって生きてるのか…「常識外れ」の細菌、泉で発見」というニュースがあった。記事によると「米カリフォルニア州で、地表に現れたマントル由来の岩石に湧く泉で、どのような生物がいるか調べたところ、27種の微生物の遺伝子が見つかった」と書かれていた。

 さらに「そのうち、岩石に付着した細菌では、酸素を使った呼吸など生命維持に必要とされるエネルギーを得るための遺伝子を一つも持っていなかった」そうだ。これがタイトルにある「常識外れの細菌」らしい。

 この話題は、国立研究開発法人海洋研究開発機構のプレスリリースのページをみるとさらに詳しく説明されていて、常識外れの細菌について「マントル岩石に付着し、現時点の生命科学の知識では特定不能の未知代謝系を駆使して生きる」微生物、と紹介されている。

(2)
 今度は日本の沖縄から、「光合成しない植物、新種発見=キノコ、カビに寄生」というニュース。記事によると「光合成をせず、キノコやカビの菌糸に寄生して育つ「菌従属栄養植物」の新種」を発見し「オモトソウ」と名付けられた、と書かれていた。

 光合成をしないこともあってか「ほとんど地中で生息するため見つけにくい」ということのようだが、「1~2カ月間だけ地上5~10センチまで伸び、直径2ミリほどの紫色の花を咲かせる」と説明されていた。

 この発見は神戸大学の研究グループによるもの、ということもあって、神戸大学の研究ニュースのページにも詳しく書かれていて、この新種の学名は「Sciaphila sugimotoi」と名付けられたそうだ。

 また、英語版のScience dailyのサイトにも「New non-photosynthesizing plant species discovered on Ishigaki island, Japan」というタイトルで載っていた。

 ということで、今回は新種の細菌と植物の発見に関するニュースを2つほど紹介した。両方とも、とっても地味な発見だが、地球にもまだまだよくわかっていないことがたくさんあるようだ。

--------

Copyright (c) 2017 ANADA, Koichi. All Rights Reserved.

| コメント (0)

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »