« ブログ報告(2017年6月) | トップページ | 海流発電の実証試験機完成 »

2017年7月 4日 (火)

奄美大島のウニがいなくなった!?

 なんとなくブログネタを探していたら、また「(いつもあるのに)今年になってなくなった」というパターンをひとつ見つけた。

 7月2日掲載の「「まったく採れない」ウニ漁解禁日に嘆き 奄美大島北部」という記事は、地元の南海日日新聞でのニュース。

 記事によると「奄美大島北部の海岸では漁師らが素潜り漁を行う姿が見られたが、昨年とは比較にならない不漁」と書かれていた。

 このニュースに出てくる、奄美大島のウニは「シラヒゲウニ」という種類なのだそうだ。正直なところウニというと北海道や東北のイメージしかなかったのでWikipediaでシラヒゲウニの項目を見てみたところ「沖縄では食用のウニと言えばこの種である」と書かれていた。

 奄美大島も沖縄に近いところだから同様に食用としてウニ漁が以前から行われいるようで、「以前は初日だけで4、500個は簡単に採れたが、徐々に減って昨年は100個で今年は8個だけ」と奄美大島の地元漁師さんが話をしているらしい。

 それにしても、昨年は減ったと言っても初日で100個だったのが今年は8個だけ、というのは激減というより「ほとんどいなくなった」言ってもいいくらいだと思う。

 また、沖縄でも激減していて数年前から禁漁にしている、という話もあるようで、2年前の沖縄タイムズに載った「シラヒゲウニ禁漁に 沖縄北部5漁協「ウミンチュ以外も取らないで」」という記事も見つかった。

 この沖縄タイムズの記事には「シラヒゲウニの漁獲量は1973年に県全域で1875トンあった。高価格で取引されるようになってから乱獲され、漁獲量は減少の一途をたどり、直近の2013年はわずか2トンに落ち込んだ」と書かれていた。原因のひとつは乱獲のようだ。

 でも「資源回復策として禁漁を続けているが、回復の兆しは見えないという」とあるように、単に乱獲だけが原因でなく、他にも環境の変化など様々な要因がからんでいるかもしれないと思うが、どうだろうか。

 ということで、今回は奄美大島や沖縄で激減しているウニに関するニュースを紹介した。こういった「急になくなった」という話は、ブログでは昨年の琵琶湖のハスや先月の多摩川のアユなどを取り上げたが、全国各地で似たようなことが起きているのは本当に気になるところだ。

 また似たようなニュースを見つけたらブログで紹介してみたいと思う。

--------

Copyright (c) 2017 ANADA, Koichi. All Rights Reserved.

« ブログ報告(2017年6月) | トップページ | 海流発電の実証試験機完成 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ブログ報告(2017年6月) | トップページ | 海流発電の実証試験機完成 »