« 出かけました(2017年6月) | トップページ

2017年6月19日 (月)

南極にある「血の滝」

 もう1ヶ月以上前の話題になってしまったが、今回は、5月2日にナショナルジェオグラフィック日本版に掲載された「南極を流れる不気味な「血の滝」、謎を解明」という話題を紹介したい。

 記事によると「テイラー氷河から流れ落ちており、その水は氷河の表面に走る亀裂からもふつふつと湧き出している」と書かれていた。なんだか気になるので、少し調べてみると、Wikipediaに「血の滝」という項目があるのが見つかった。

 そこにパブリックドメインの画像もあったので、貼り付けておこう。

Blood_falls_by_peter_rejcek

 実際に見てみると、なんだか異様な光景だ。Wikipediaには、この写真が撮影されたのが2006年と書いてあったが、実際に発見されたのは今から106年も前の1911年で、今回の記事はその原因がようやく解明されたことを伝えるニュースのようだ。

 記事に戻ると、原因としてあげられている部分を抜粋して引用すると、「全体が鉄分の高い塩水で満たされており」「塩水が凍結せずに流れている理由は、塩水の性質から説明できる」「流水に含まれる鉄分が極めて高いために、滝が血のように赤く染まってしまう」ということになるだろうか。

 一言で言うと、凍らずに流れるのは「塩水」が原因で、赤くなるのは「鉄分」が原因、ということのようだ。

 ということで、今回は簡単だが、久しぶりに南極の話題をひとつ紹介した。なんだか、南極には普通に考えるのとは少々異なる現象がたくさんあるみたいで、例えば、今回の話題の関連でwikipediaを見てみると「宇宙生物学と血の滝」なんていう項目もあったりする。

 ここをみると「血の滝での研究は、気温が低く水の氷に閉ざされている場所での生物の生存条件の研究につながる」「火星やエウロパ、その他の氷に覆われた外惑星の衛星といった、比較的寒い場所で生物が存在できる場所の候補を絞るのに有効」などと書かれていた。

 こういったところからどんな発見があるのか想像がつかないが、なんだかいろんなことが研究されているようなので、今後なにか報道されたらまたとりあげてみたい。

--------

Copyright (c) 2017 ANADA, Koichi. All Rights Reserved.

« 出かけました(2017年6月) | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 出かけました(2017年6月) | トップページ