« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月

2016年11月26日 (土)

南極の氷河が薄くなっている

 今回は久しぶりに南極の氷の話。南極の氷の話というと、ブログでも「南極の氷が増えている?(2015年11月22日)」とか「南極の氷が無くなる!?(2014年5月16日)」など、増えてるとか減ってるとかいろんな説が代わる代わる出てくるので、まず今回はどっちの話なのか気になるところだ。

 で、AFPのサイトに載っていた10月26日掲載のニュースのタイトルは「南極の氷河、予想以上に急速に減少」ということで、減っている方の話らしい。これまでのパターンだと、減っている話は、大抵南極の西にあるアムンゼン海周辺の話題だったが、今回も同様の場所での観測結果のニュースだった。

 似たようなニュースを度々見ていると、素人の私でもそれなりに理解が深まっていく感じがするが、今回の観測結果は、約2年半前の「南極の氷が無くなる!?(2014年5月16日)」で「南極大陸の一部の氷河について、温暖化の影響で、すでに氷河そのものが失われるのを防ぐことができない状態になっている」と話していた氷河の中の一つ「スミス氷河(下の画像の中で右から2番目の矢印の氷河)」の話のようだ。

Antarctica_screen_grab1_2

 貼り付けた画像は2年半前に参照したNASAのニュースの中にあったもの。ということは、今回の「予想以上に急速に減少」という話は、単に「急速に」というだけの話ではなく、2年半前の「すでに氷河そのものが失われるのを防ぐことができない状態」からさらに「急速に」という話だと理解する必要がありそうだ。

 ちなみに、2年半前の話は「氷河が痩せている」ということで、氷河の(上から平面的に見た)面積が減少している話だったが、今回掲載されたニュース記事を読むと「2002~2009年の期間に年間最大70メートル薄くなった」と書かれていたから、今回は面積ではなく「厚さ」に関する話題だということも理解できた。

 確かに、「平面的な面積の減少が抑えられない」とわかったら、次は「厚さの方はどうなのか?」ということが気になるのは自然な成り行きだと思う。それを2年以上かけて観測結果を整理しながら研究した成果が今回のニュースで発表された内容のようだ。

 ということで、今回は久しぶりに南極の氷に関するニュースを一つ紹介してみた。次は「実は別の場所では増えている?!」なんていう研究成果が出てくるかもしれないが、いろんな角度から様々な意見が出てくる研究は何となく面白そうだし、また話題を見かけたらブログで取り上げていこう。

--------

Copyright (c) 2016 ANADA, Koichi. All Rights Reserved.

| コメント (0)

2016年11月21日 (月)

新たな双子素数発見

 10月7日のブログで、10月はたくさん素数になる日がある、と書いた。11月のブログ更新に当たる日だと普通に年月日を並べても残念ながら素数にはならないようだが、今日をヨーロッパ式に「日月」と並べた「2111」は素数だったので、今回も素数の話題をネタにしたい。

 さらに付け加えると、次の奇数「2113」も素数なので、双子素数。ということで双子素数にまつわる話題を久しぶりに探してみたら、つい最近の今年の9月に「これまで知られている中で最大の双子素数発見」というニュースがあったことに気がついた。

 Wikipediaの双子素数のページの「知られている最大の双子素数」と書かれていた部分に、2か月ほど前の2016年9月に分散コンピューティングプロジェクトの一つである PrimeGrid により発見された 388,342 桁の双子素数

2996863034895 × 21290000 ± 1

が載っていた。Wikipediaによると、PrimeGridというのは「分散コンピューティング (GridComputing) によって記録的に巨大な素数 (prime) を探すことを目的とする、Berkeley Open Infrastructure for Network Computing (BOINC) を用いた分散コンピューティングプロジェクト」と書かれていた。

 なんだか分かりにくい説明だが、以前ブログで紹介したメルセンヌ素数発見プロジェクト「GIMPS」とは別のコンピュータを使った素数発見プロジェクトのようで、今回発見された双子素数に関する Press release も出していたりする、かなり本格的なプロジェクトだ。

 ただ、その割に、GIMPSによる最大素数発見と比べて報道の扱いがかなり小さい、というかほとんど話題にされていないのが残念な感じだ。

 今回たまたま双子素数になった日なので調べてみてわかったが、双子素数の予想(双子素数が無限にあるかどうか)が未解決、ということを考えると、新たな双子素数発見のニュースはもう少し大きな扱いを受けていい気がするが、どうだろう。

 ということで、今回は双子素数発見のニュースを紹介した。今年は度々素数のネタでブログを書いていて、その度にいろいろな素数の話題を見つけることができるのも、素数の奥深さのおかげかもしれない。

--------

Copyright (c) 2016 ANADA, Koichi. All Rights Reserved.

| コメント (0)

2016年11月16日 (水)

出かけました(2016年11月)

 と、同じパターンで出かけましたの写真を紹介したいところだが、今月も相変わらず忙しく出かける時間がなかったので、また先月に引き続いて夏に出かけた時の写真の紹介の続きにしたい。

 今回は、フランスのパリ。正直なところ、途中の経由地で移動途中に地下鉄やバスをちょっと降りて写真を撮っただけだが、エッフェル塔や凱旋門などの写真を撮ってきた。

 まずは、コンコルド広場。

P7182255

P7182259

 エッフェル塔も見えるが、広場に観覧車があるのは知らなかった。

 次は、エッフェル塔。

P7182239

P7182240

 以前ブログの「ナヴィエ・ストークス方程式について調べてみた(2016年3月26日)」で「エッフェル塔に名前を刻まれた72人のフランスの科学者」のことをちょっと書いたが、名前もしっかり確認してきた。

 次はセーヌ川。エッフェル塔の脇にある橋から撮ったもの。

P7182245

 ここから歩くと10分から15分くらいだったか、次は凱旋門とシャンゼリゼ通り。

P7182251

P7182250

 なんだか、車が渋滞だったり工事中のところがあったりであんまりいい写真じゃないが、すぐに移動しないといけなかったので、仕方がない。

 最後は、朝にカフェで食べたモーニング。飲み物がコーヒーとジュースの2つ付くのが日本のモーニングと少々違うところかな。

P7232320

 ということで、今回はまた夏に出かけた時の写真を紹介した。そのうち、のんびり写真を撮って紹介できるタイミングがあるといいのだが、今は忙しいので仕方がない。あんまり余計なことを考えずに、現状を維持しながらやっていくことにしよう。

--------

Copyright (c) 2016 ANADA, Koichi. All Rights Reserved.

| コメント (0)

2016年11月11日 (金)

草加せんべいの非常食

 何となくブログのネタを探していたら、「「草加せんべい」非常食に 地元企業、賞味期限5年に改良」(10月18日掲載)というニュースが目に入った。

 正直なところ、これまでせんべいの賞味期限とか気にしたことなかったし、しけってなければ食べても大丈夫かな、程度にしか思ってなかったが、確かに5年も前のせんべいとか食べたことなかったので、何となく気になって少し調べてみることにした。

 「草加」は埼玉県にあって、日光街道の宿場町として賑わっていたところ。そこで日本で最初に現在「せんべい」と言われているお菓子が作られたそうだ。それが「草加せんべい」。

 その草加にある地元企業の「山香煎餅本舗」というところが今回ニュースになった賞味期限5年のせんべいを作った会社のようだ。

 この会社のサイトを見ると、最初のところに「災害備蓄用せんべいに関してのご案内(2016年10月25日掲載)」というお知らせがあったが、そこを見ると「ただ今、誠にたくさんのご注文を頂き、お届けまでお時間を頂戴いたしております。ご不便をお掛けいたしまして申し訳ございません。」と書かれていたから、現在非常食のせんべいは注文が殺到しているようだ。

 商品名は「災害備蓄用せんべい」と「おいしい非常食セット」の2つ。

 商品の紹介のところを見ると「パリッと香ばしく、お米の甘みの活きた、ほんのり塩味」「原材料はうるち米と塩のみ」とあったので、しょうゆ味ではなく塩味のせんべいだ。まあ、しょうゆはそもそも液体だから、しけってしまうのも早くてさすがに5年も持たないのかもしれない。

 何となく、これまでせんべいは日持ちしそうな食べ物、というイメージを個人的には持っていたが、こういった商品がニュースになって注文が殺到する、というところを見ると、普通のせんべいは思ったほど日持ちしない、ということなのだろうか。今度食べる時気をつけよう。

 ということで、今回は簡単だが、非常用のせんべいの話題を紹介した。ちなみに、今回紹介されていた企業のページを見ていたら「草加せんべいの庭」という店舗あるらしく、おせんべいの手焼き体験ができたりとか、草加せんべいソフトクリームなんていうのも売ってるらしいので、今度ヒマな時に行ってみようかと思う。

--------

Copyright (c) 2016 ANADA, Koichi. All Rights Reserved.

| コメント (0)

2016年11月 6日 (日)

琵琶湖のハスが消えた原因

 ブログで以前ネタにした「琵琶湖のハスが消えた?(2016年7月4日)」の話、なんとなく気になっていて、9月くらいに一度様子を見に行ったことがあった。

P9192462

 これはその時に撮った写真の一つだが、ハスの葉っぱたあったのはこの一角だけで、あとは普通に湖の風景が広がっていた。

 で、それから2か月くらい経ったが、また気になってネットで情報を探していたところ、産経のサイトに「琵琶湖の名所から大量のハスが消えた… さまざまな憶測、一体何が起きたのか(2016年10月31日)」というニュースが掲載されているのが見つかった。

 そのニュースは「甲子園球場約10倍のハス消失」という話から始まっていた。毎年行われているハスクルージングは普段は1000人を超す利用があるらしいが、今年は全部で40人程度。正直なところ、この40人は多分ハスを見に来たのではなく「ハスがなくなった」という様子を見に来たのだろう。

 原因はなんだったのか。記事によると「原因は土壌環境の悪化。しかも、ハス自身が成長の過程で生育環境を悪化させていた。」と書かれていた。具体的には「40年以上に渡って湖底にハスの葉や茎が積み重なり、土壌内が酸欠になっていた」ということらしい。

 なんだか、困った原因のようだ。ハスが大量にありすぎたのが原因、というかとか、、、。それでも原因がわかったなら対策もとれると言いたいところだが、なんだか記事の内容は歯切れが悪い感じだ。

 その一つは「県琵琶湖政策課によると、(中略)、ハス保護の根拠となる法令はない」という話。要は、県には対策を行う責任はない、と言いたいみたいだ。地元の市も「県や近隣市と協議しないと動けない」と言ってるみたいだし、なんだかよくわからない。

 もう一つ、地元の漁業関係者の懸念について書かれていた。ないのも困るけど、ありすぎも困るから、魚など他の湖の生き物と共存共栄を図れればいい、という話のようだ。まあ、こちらの方は「ごもっとも」という意見だが、行政の方がハッキリしないから漁業関係者の方々も歯がゆい思いをしているのかもしれない。

 ということで、今回は琵琶湖のハスの話題の続編ニュースを紹介した。なんだか微妙な話になってきた感じだ。来年の夏まで様子を見るしかなさそうな気配がするが、また続きの話が出たら取り上げていこうかと思う。

--------

Copyright (c) 2016 ANADA, Koichi. All Rights Reserved.

| コメント (0)

2016年11月 1日 (火)

バラの折り紙

 この前の日曜日、少々時間にゆとりがあったので、久しぶりに折り紙をしてみた。今回はバラの折り紙。折り紙博士として知られている川崎敏和氏の「究極の夢折り紙」の本にある「薔薇の花」の折り方で折ってみた。

 まずは、私が折ったものの完成形から。

Rose161101

 手順を大雑把に言うと、まずはちょっと斜めの感じで縦横に折れ線を細かくつけてから、紙を捻ってバラの形にするための基本形を作る。

Pa302469

Pa302471

 さらに、立体感をもたせながら斜めの折れ線をつける。

Pa302472

 で、表にしてからバラの花の形になるように捻っていく。

Pa302473

 捻っただけでもバラの花っぽく見える。ここからさらに形を整えていく。

Pa302474

Pa302476

 かなり形が整ってきた。この段階で裏はこんな感じ。

Pa302477

 ここから完成までは、裏を整えていく。

Pa302478

Pa302480

Pa302481

 これでようやく完成。ただ、なんとなく裏の状態が微妙にずれてしまった気もするので、もう一回作り直してみた。

Rose161101_ura

 作り直した結果の完成品は次のような感じになった。

Pa302493

 ということで、今回は作ってみたバラの折り紙を紹介した。最後にもう一度最初の完成品を載せて終わりにしよう。

Rose161101

--------

Copyright (c) 2016 ANADA, Koichi. All RIghts Reserved.

| コメント (0)

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »