« 「球の表面のザラザラさ」の科学 | トップページ | 琵琶湖のハスが消えた? »

2016年6月29日 (水)

ブログ報告(2016年6月)

 何かと忙しない感じで今月があっという間に終わってしまったが、今回は今月のブログ報告。

 まずは、アクセス数から。

Blogaccess1606

PV 595 日平均: 約19
UU 480 日平均: 約12

 先月と比較するとアクセス数(PV)・訪問者数(UU)がほぼ3分の2程度に減ったが、だいたい1月や2月と同水準のアクセスだった。また、これまでと同様、今月も毎日アクセスがあった。毎月、本当に毎日欠かさずアクセスがあるのは本当にありがたいことだと思う。(アクセスしてくださった皆様、ありがとうございます。)

 次はデバイス別の割合。

Blogdevice1606

PC: 40.32%(5月:31.70%)
iOS: 37.82%(5月:45.84%)
Android: 20.84%(5月:22.35%)
ケータイ: 0.50%(5月:0.00%)
その他: 0.50%(5月:0.11%)

 4月、5月と比べてアクセス数も3分の2程度に落ち着いて検索からのアクセスが減ったからか、PCの割合がまた4割に回復した。正直なところ、今月もPCの割合が少なかったら、いよいよPCの時代も終わりに向かっていくのかと心配していたが、アクセス数が1月2月の頃と同程度に落ち着いてきたら、デバイス割合も同じ程度に戻ったので、一安心といったところだろうか。

 次は、ページ別のアクセスランキング。

Blogrank1606

 今月は、「OECD「PISA・デジタル能力調査」の報道」というページのアクセスが急に増えたようで、5位にランクインしていた。

 試しにYahooで「OECD PISA デジタル能力調査」で検索してみたら、さすがにこのページが最初ではなかったが、1ページ目の5番目に現れた。このページは、約半年前の2015年10月3日に載せたもので、OECD が行っている学力調査「PISA」と同時に調査された「デジタル能力調査」の結果と、その報道のされ方について書いたものだ。

 正直なところ、先月と同様、なぜ今月になってこのページのアクセスが増えたのかは定かではないが、デジタル能力と学力との関係について関心を持っている人たちが結構いるのかもしれない。

 ということで、今月のブログ報告を行った。まあ、先月は「変化の兆し」が出てきた感じがしたが、今月は少し落ち着いて、以前と同じようなアクセス傾向のようだった。

 ただ、世の中では、自然災害や経済、国際関係の変化など、様々なことがニュースになっているし、これから今年の下半期は何が起こっても冷静に対処できるようにしていかないといけないかもしれない。

--------

Copyright (c) 2016 ANADA, Koichi. All Rights Reserved.

« 「球の表面のザラザラさ」の科学 | トップページ | 琵琶湖のハスが消えた? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「球の表面のザラザラさ」の科学 | トップページ | 琵琶湖のハスが消えた? »