« ブログ報告(2015年9月) | トップページ | 環境改善に貢献する計測器 »

2015年10月 3日 (土)

OECD「PISA・デジタル能力調査」の報道

 PISAというと、ブログでは2年近く前(2013年12月10日)に「PISA2012の結果」でとりあげたことがあるが、OECDが世界65カ国・地域で実施している「数学的リテラシー」「読解力」「科学的リテラシー」に関する「学習到達度調査」である。

 先月の9月15日、これらの調査と合わせて行われた「デジタル能力調査」に関する分析結果がOECD発表されたそうだ。

 今回はこの話をネタにしたい。ただ、あえて個人的な意見は書かず、OECDから発表された結果の概要と、日本での報道のうち、「これはちょっと、、、」と思うものをいくつか紹介しようと思う。

 まずは、OECDの日本語サイトにある分析結果の概要が書かれたページを見てみたい。

 このページのタイトルは

学校で技術利用の潜在性を引き出すためにも新しいアプローチが必要

となっていた。それなりに長い文章なのだが、概要を大雑把に理解するために、3カ所ほど抜粋して引用しよう。

・「既に教育におけるICTに大きな投資をした国でさえ、PISAの読解力、数的リテラシー、科学的リテラシーの成績に目立った向上は見られませんでした。」

・「学校で多少コンピューターを使用している生徒のほうが、ほとんど使わない生徒に比べて成績もいくらか良い傾向が見られました。しかし、学校でコンピューターを使うことが非常に頻繁である生徒に関しては、逆に成績が比較的悪いという結果も見られました。」

・「デジタル能力の学力差は、従来のペーパー版PISA読解力テストの成績の差と非常に似通ったものでした。つまり、デジタル能力の格差を縮小するためには、各国は教育そのものの格差改善に真っ先に取り組むことが必要であるということです。」

 タイトルの文章も合わせて、これらをまとめると「ICT・デジタル機器を単純に利用するだけでは成績向上には繋がらず、(アナログ・ペーパー版の)現状の教育そのものの格差改善や、ICT・デジタル技術の潜在性を引き出す新しいアプローチが必要」という点がOECDが発表した分析結果の概要になるだろうか。

 そのことを踏まえた上で、次にAFP通信(AFPBB)のサイトにあった記事「学校でのコンピューター使用、成績向上に効果なし OECD調査」を見てみたい。

 まず、記事のタイトルを見て気がつくが、AFP通信では、OECDの発表のうち、「成績に目立った向上は見られませんでした」の部分がクローズアップされている。

 また、AFP通信の記事には

「授業でのコンピューター使用をみると、生徒たちの成績への影響は良し悪しが混在しているといったところで、しかも学校でかなり頻繁にコンピューターを使う生徒の学習結果は、社会的背景や人口動態的要素を考慮した後でも、ほとんどの場合、かなり悪いものだった」

と書かれている一方、OECDの発表のうち「学校で多少コンピューターを使用している生徒のほうが、ほとんど使わない生徒に比べて成績もいくらか良い傾向が見られました」という部分についての記述は全くない。

 今度は、朝日新聞のサイトにあった「学校のPC増えると生徒の成績下落 OECD調査」と読売新聞のサイトにあった「学校でPC増やした国、成績下落…OECD調査」の記事も見てみたい。

 まずタイトルについて、少なくともOECDが発表した分析結果概要のページには、成績が下落したとは書かれていない。

 その上で、読んでみると「「数学的リテラシー」の成績が、03年からどう変化したかを国別に調べ、生徒1人あたりのパソコンの台数との関係をみた」という記述があったので、それがどこにあるか探してみた。

 すると、概要ではなく、全部で200ページにも及ぶ実際の報告書「Students, Computers and Learning」の後ろの方にある巻末資料の1つで、151ページ目に「Trends in mathematics performance and number of computers in schools」というグラフがあった。朝日新聞や読売新聞の内容の元は多分これだと思う。

 それにしても、朝日・読売ともに、200ページにも及ぶ報告書の中の、記事のタイトルと辻褄が合いそうな、たった1ページの(本文ではなく)巻末資料をよく見つけたものだ。

 かなり長くなってしまったが、最初に書いたように、あえて個人的な意見は書かずに、今回はここまでにしたい。

--------

Copyright (c) 2015 ANADA, Koichi. All Rights Reserved.

« ブログ報告(2015年9月) | トップページ | 環境改善に貢献する計測器 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ブログ報告(2015年9月) | トップページ | 環境改善に貢献する計測器 »