« MindUPで数学の成績アップ!? | トップページ | ブログ報告(2015年2月) »

2015年2月25日 (水)

(本の紹介)世界でもっとも強力な9のアルゴリズム

 今回は、久しぶりに本を1つ紹介しようかと思う。タイトルは「世界でもっとも強力な9のアルゴリズム」。

「アルゴリズム」というと、ピタゴラスイッチのアルゴリズム体操を思い浮かべる人がいるかもしれないが、ここではそのことは忘れてほしい。

 wikipediaを見ると、「アルゴリズム」とは「数学、コンピューティング、言語学、あるいは関連する分野において、問題を解くための手順を定式化した形で表現したもの」と書かれている。

 最近では、コンピュータなどインターネットなど、ITの分野をより便利にするために重要なものとして、「アルゴリズム」という言葉が聞かれるようになってきたと思う。

 この本の内容も

・検索エンジンのインデクシング
・公開鍵暗号
・データ圧縮
・デジタル署名

など、IT分野で出てくるものの仕組み=アルゴリズムをわかりやすく説明している。

 ちなみに、この手の本は他にもあるが、この本はたくさんの具体例を使って「どんなアイディアを使っているのか」をすごく丁寧に説明している、というのが他の本との違いだろうか。

 実際には、ものすごく遠回りに廻りくどく感じるくらい丁寧だ。「何でそんな本を紹介するのか」と思うかもしれないが、実際には、こういう本を読んだ方が理解は深まるはずだ。

 あと、この本の特徴は、もう一つある。それはこの本の終わりの方に

・決定不能性

について触れられていて、「コンピュータがクラッシュするかどうかを完全に検出するプログラムを作ることは不可能」という話を具体例を使って証明している。

 現実には、自動ソフトウェアチェックツール、というプログラムのエラー検出の技術は発展していて、最近はコンピュータがクラッシュすることが少なくなった、という点はこの本でも指摘されているが、いくらアルゴリズムが発展しようと完全にクラッシュをなくす事は不可能、という話が最後に来ているのが面白い。

 数学が好きな人は、以前このブログでも紹介した「不可能、不確定、不完全―「できない」を証明する数学の力」の話を合わせると、いろいろ考えさせられることが見えてくるかもしれない。

 ということで、今回は本の紹介をした。正直なところ、IT関連の話を期待した人が読むと「話が何だか廻りくどくて、、、」と思うかもしれない。しかし、それがいい、というのが個人的な感想だ。

 実際、インターネットで検索すると、一瞬のうちにパッと結果が出てくるが、そこで使われている事は、数学的な内容を含めて、そんなに一瞬のうちにパッと理解できる事ではない。こういった本を読んで、そういう雰囲気を感じることができればいいと思う。

--------

Copyright (c) 2015 ANADA, Koichi. All Rights Reserved.

« MindUPで数学の成績アップ!? | トップページ | ブログ報告(2015年2月) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« MindUPで数学の成績アップ!? | トップページ | ブログ報告(2015年2月) »