« 南極・北極の話題から | トップページ | 今年前半のブログの内容 »

2013年6月29日 (土)

疲れが溜まってきた

 今年に入ってから忙しいとばかりブログに書いていたが、やはり疲れが溜まってきたようだ。さらに悪いことに、今週に入って咳がまた出てきて風邪がぶり返してしまった。そんな感じなのだが、なかなか休みも取れず...、ということで何となく体調がすぐれない日が最近続いている。

 といいながらも、またブログ更新の日が近づいてきたので、いつものようにネタを探していたのだが、自分自身がそうだからか、同じように疲れが溜まっている人の話が何となく目に留まった。ということで、今回はその話をネタにしてみることにした。

 見つけたのは、英文のTIME誌(JUNE 24, 2013)に載っていた記事。このブログでも何度かTIME誌の記事を紹介したことがあるが、今回は「Briefing」というTIME誌の最初の方のページにあった話。この「Briefing」のページには、毎週、要人の発言などが簡単に紹介されているのだが、それら要人の発言の他にも、それらの隙間の部分に、最近の話題に現れる数字にまつわる小ネタがさりげなく書いてある。

 この号には、そんな小ネタの一つに、次のような数字にまつわる話があった。(記事を全文引用します)

222,222,222.22
Amount in euros ($295million) a German bank employee transferred when he fell asleep while pushing the number-2 key.

 要するに「ドイツの銀行の従業員が、(キーボードの)2のキーを押しているときに、ちょっとした眠気がおきてしまった(注意力が散漫になった)ため、222,222,222.22 ユーロ(約2億9500万ドル=約290億円)の送金の指示をしてしまった」ということのようだ。

 多分、この人は疲れが溜まっていて注意力が散漫になってしまったと思う。そのため、「2」を一回だけ押したつもりが、「2」のキーから指を離すタイミングが遅くなり、結果的に「2」を11回も押し続けたと認識されてしまったのかもしれない。

 この話、気になったので、もう少し調べてみると、AFP通信に「ドイツの銀行員、一瞬の居眠りで約290億円の誤取引」と題した記事が見つかった。

 そこには「疲れがたまっていたとみられるドイツの銀行員が、うっかりキーボード上で居眠りしてしまい、本来小額だった取引に約290億円相当の金額を誤入力してしまった」と書かれていた。やっぱり、疲れ溜まっていたことによるミスだったようだ。

 ただ、「直後にこの誤りに気が付き、修正処理を行ったという」とも書かれているので、これだけの大金が送金されることはなかったのがなによりである。

 ということで、今回は、疲れがたまってしまった人が起こしたミスの話であった。私も疲れが溜まってきているので、大きなミスをしないように慎重さを心がけていった方がよさそうだ。

--------

Copyright (c) 2013 ANADA, Koichi. All Rights Reserved.

« 南極・北極の話題から | トップページ | 今年前半のブログの内容 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 南極・北極の話題から | トップページ | 今年前半のブログの内容 »