« 1200光年先の惑星 | トップページ | 日経地方経済の記事から »

2013年5月16日 (木)

お天道様には逆らえない...

 昨年も5月の第2土日は登山だったが、今年も全く同様の日程で高校生を連れて登山へ行ってきた。昨年は「幸先はいいかな?」というタイトルで、天気もよくいい登山が出来たのだが、今年は特に土曜日が雨だったこともあってか、テントで苦労する事になった。

 ただ、日曜日は雨も上がったので、まあ幸先がいいとは言えないまでも、何とか無難に行程をこなすことが出来た。ということで、まず簡単に写真を紹介しよう。

 まずは、日曜日の朝起きた時のキャンプ場の写真から。

P5121228

 去年ほぼ同じようなところから写真を撮ったときには、テントがたくさん張ってあって賑やかな感じだったが、今回は前日が雨だった影響もあってテントの数は少ない。

 ところで、今回登った山は、昨年5月と全く同じ「三頭山」。行程も全く同様の予定だったのだが、実は今年は去年と違うことが天気以外にもあった。

 というのは、去年は奥多摩湖(小河内ダム)にある浮橋を渡って登山道へ入ったのだが、今年はその浮橋を渡ることが出来なかった。

 理由は「渇水」。昨日の土曜日は雨だったとはいえ、ダムの水はかなり少ない。

P5121229

 写真を見るとわかると思うが、ダム湖の水位がかなり低く、土が露出している。

普段の生活では全く気づいていなかったが、帰ってきた後、東京都水道局のwebサイトの中にある「水系別貯水量の推移」というところを見ると、多摩川水系では、今年の5月16日現在、17年前の東京都でも給水制限があった平成8年の渇水のときに近い水位のようだ。

 今後水位が回復してくる可能性もあるが、今年は暑くなったり寒くなったり何となく異常にも思える気象が続いている感じで、そういう点がこんなところにも現れているのかもしれない。

 そんなことを思いながらも、登山の方はコースを若干変更して、特に何事もなく山頂までたどり着いた。

 昨年も紹介したが、三頭山は、3つの山頂があるが、写真の方は、最も高い中央峰(1531m)と眺めの良い西峰(1524.5m)の2つ。

P5121233

P5121231

 去年は西峰から富士山がきれいに見えたが、今年は曇っていて何も見えなかった。

P5121230

 まあ、お天道様には逆らえないので、眺めが見えないのは仕方がない。

 それでも、下山途中に晴れてきて、途中に立ち寄った槙寄山のところでは、富士山の方角ではないが多少の眺めも見れた。

P5121235

 ということで、今回はここまで。今年は4月のときには爆弾低気圧の影響もあって悪天候で予定変更となったが、今回は全行程を歩くことが出来た。先週とあるところで引いたおみくじが「末吉→大吉」とよくなったのだが、今年はそんな感じで少しずつ良くなっていけばいいだろう。まあ、今年の天候は今後もどうなるか予想が出来ない感じだが、そんな中でも何とか状況に応じて無難に登山ができるようにしていきたい。

--------

Copyright (c) 2013 ANADA, Koichi. All Rights Reserved.

« 1200光年先の惑星 | トップページ | 日経地方経済の記事から »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 1200光年先の惑星 | トップページ | 日経地方経済の記事から »