« うるう秒による障害 | トップページ | 25000を超えました »

2012年7月 8日 (日)

連続な線(continuous line)

 ここしばらく、新聞などで見たニュースの話題が多かったが、今回は少々気分を変えて、「一筆書き」をテーマにしてみることにした。

 「一筆書き」というと、どんなことをイメージするだろうか。例えば、Wikipediaで見ると、「ケーニヒスベルクの問題」「一筆書き可能かどうかの判定法」「一筆書きの解法」という項目があって、結構数学っぽい感じの説明が並んでいる。

 他にも、googleで「一筆書き」と検索すると、一筆書きをパズルと捉えているサイトが目につく感じがした。確かに、「一筆書き」をパズルの問題として、あるいはもう一歩進んで数学として考えるのも悪くないかもしれない。

 ただ、これだと堅苦しい感じが否めない。というか、私自身がイメージした感じとは何となく違うような気がする。もう少し気楽な感じで接することができるものはないのだろうか。

 こんなことを思ったとき、私は英語のキーワード使って検索したくなることがよくある。何故?と思う人もいるかもしれないが、別に日本語でなくとも、google検索で必要な情報が得るためのキーワードをとにかく見つけたい、という理由からである。

 ただ、今回の場合、日本語の「一筆書き」を英語で何と言うか、ということがよくわからなかった。例えばgoogleで「一筆書き 英語」などというキーワードで検索すると、それらしい英語の表現が出てはくる。しかし、それを使って英語で検索してみても、何となくパッとしない情報しか現れない。

 そんなことを何度繰り返しただろうか。検索を繰り返していくうちに、だんだん英語の表現がしぼられてくるが、最終的に残ったものは「continuous line」というキーワード。直訳すると「連続な線」という、単純で何の変哲もない言葉でしかないが、googleで

「continuous line」の画像検索

をしてみると、何と一筆書きで描かれた芸術作品の数々が一斉に現れる。私は芸術のことは全くわからないが、そんな私でも、これらを眺めていると、いたって単純な言葉「連続な線 = continuous line」の奥の深さを何となく感じることができるような気がする。

 たくさんの作品を眺めたところで、次に、このキーワードにもう一つ単語を加えて

「continuous line icon」の画像検索

をやってみた。後ろに「icon」という単語をつけると、今度は取っつきやすそうな一筆書きの図柄がたくさん現れた。これなら気楽な感じで接することができそうだ。

 ということで、何となく気に入ったもの使って、ごく簡単な一筆書きの絵を描いてみた。

1207line

 イルカが飛び出してくる感じをイメージしたつもりなのだが、どうだろうか。まあ、私自身は絵のセンスは全くないが、何となく気晴らしのために思いつきでペンを動かしてしまうようなときには、これくらい単純な感じがいいかもしれない。

 ということで、今回は一筆書きをテーマにしてみた。今週からまた忙しくなりそうな予感がするが、適当な気晴らしも忘れずに何とか乗り切っていくことにしよう。

--------

Copyright (c) 2012 ANADA, Koichi. All Rights Reserved.

« うるう秒による障害 | トップページ | 25000を超えました »

コメント

今回頂いた多くのコメントを見て、イルカの絵は載せずに英語の話だけにしておけばよかったと後悔しています。

個人的には、暇つぶしや頭の体操のためには、堅苦しいパズルの一筆書きより、(私のように下手でも)一筆書きで自由に絵を描く方がいいと思うのですが、そのことがあまり伝わらなかったのは、ひとえに私の文章力のなさが原因です。

投稿: 穴田浩一 | 2012年7月11日 (水) 21時52分

私もスマートフォンのアプリで一時一筆書きにはまりました。
これがなかなか難しい!単なる図形ですら難しいのに、これで絵をかくことはかなり難易度が高いと思います。
う~ん、一筆なのに奥が深い(笑)

投稿: | 2012年7月11日 (水) 19時50分

コメントありがとうございます。
三角形の下にバッテンが入った四角の組み合わせの一筆書きは、(3つの辺が交わる)下の2つの角を始点と終点にした上で、「先にバッテンを書いてから...」とか「周りの辺をぐるっと一周してから...」など、いろいろな書き順が考えられるのが面白いところですね。

投稿: 穴田浩一 | 2012年7月10日 (火) 22時37分

一筆書き昔流行りましたよね。
なんか、三角形の下にバッテンが入った四角の組み合わせを二つつなげて書くやつです。
結局あの答えは分からないので今でもたまにやっています。
暇つぶしにちょうどいいですよね。

ちなみにこの一筆書きの問題は昨年のさつきからやっております。

投稿: コカイン | 2012年7月10日 (火) 22時03分

よくみたら、カウンターの数値が25000を超えていますね。今後ともよろしくお願いします。

投稿: 穴田浩一 | 2012年7月 9日 (月) 13時05分

たくさんのコメントありがとうございます。
イルカの絵は、単なるおまけで書いただけなので気にしないでください。

(追伸:中には内容的によくわからないコメントもあるような気がしますが、今回は大目に見ることにします。)

投稿: 穴田浩一 | 2012年7月 9日 (月) 13時04分

いつも楽しくブログ拝見させていただいております。
最近暑くなってきておりますがいかがお過ごしでしょうか?! また数学の興味深い記事お待ちしてます!!

投稿: レディー香川 | 2012年7月 8日 (日) 14時23分

いつも読ませて頂いてます!
今回の一筆書きについての記事、とても興味深かったです。イルカの絵は、上手く形作られていて良かったです!
折り紙に続き、絵にも開眼されたんですね。これからも更新を待っています!!

投稿: マンUのアイツ(かが…) | 2012年7月 8日 (日) 14時15分

いつも楽しみにみています!!

イルカの絵、すごく上手★☆

かわいい♡

これからも更新頑張ってください!
♡♡♡応援してます♡♡♡

投稿: なっきー | 2012年7月 8日 (日) 14時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« うるう秒による障害 | トップページ | 25000を超えました »