« 明日で1年 | トップページ | 実態が掴めないもの »

2011年11月23日 (水)

2年目最初のブログ記事

 今回からブログが2年目に突入する。そのため、この記事のタイトルはとりあえずキリがいい感じのものにしてみた。ただ、正直なところ今日は祝日でのんびりしたい気分で、なおかつ何か書きたいことが思いついた訳でもない。「2年目の最初からそんなことでいいのか」とお叱りを受けそうな書き出しになってしまったが、それでも今回は、こんな気分で何となく思いついたことを書いてみることにした。

 ここ1ヶ月の間のブログの記事を見てみると、交通事故を目撃したり、ちょっと気になるニュースがあったり、タイミングよく「1」並びの日に当たったり、仕事で日曜日も出かけていて休みが全くなかったり、などなどの理由であっという間に時間が過ぎていったことがよくわかる。また、仕事だったとはいえ秋の気分も味わえたし、時間の合間に読書の時間もとってブログにも少し本のことを書いたし、それなりに充実していたようには見える。

 そんなことを思いながら、ふと思ったことがある。去年までは、こんなに忙しかったら、おそらく本を読む時間もそれほど取らずに合間の時間はボケッと休んでいたような気がするし、引率で山に行っても仕事で疲れた次の日に歩くときには、とにかく全員が怪我なく無事に歩けるようにということだけを考えて、周りの風景を楽しむ余裕などはなかったと思う。今日だってそうである。これまでなら、のんびりしたい気分の休日は、こんな文章など書かずに、実際に何もせずにのんびり過ごしていたに違いない。

 それに対して、今年は何となく違う過ごし方をしているような気がする。何か書きたいことがあって記事にするのが本来のあるべき姿かもしれないので、ブログの記事を書くために何かをするというのは本末転倒な感じもする。ただ、1年続けているうちに、普段の生活の中で「ブログのネタに使えそうなものはないかな」と考えながら過ごす習慣が自然に身についてしまったのかもしれない。

 そういえば、「習慣」という言葉を以前広辞苑や英英辞典で少し調べて記事にしてみたことがあったのを思い出した。そのときの記事は「朝起きる習慣」というタイトルだったが、改めて読んでみると、何となくこの話と似ているようである。とりあえず「4日ごとに更新することを実行する」ということを繰り返しているうちに身についた習慣、ということもできるのだろう。

 実際には、常に4日おきに何か思いつく訳ではなく、時には同じ日に複数のネタを思いついたり、時には何も思いつかないときが続くこともある。ただ、それらを平均すると、大体4日ごとに更新していれば、それほど困ることはないような感じである。

 また、たまには今回の記事のように、特に目的もなく何となくパソコンに向かってキーボードを打っているうちに文章ができてしまうような時もある。「そんなネタも目的もないときには書かなければいいのに」と考えることもあるが、「そうは言っても、たまにはこういう時があってもいいか」と思って今日のようにとりあえず書いてしまう。

 その一方で、3月の東日本大震災の直後には「3日ごと」というペースで書いてみたが、このときはそうは思わずに、「4日ごと」のペースに戻してしまった。正直なところ、「4日ごと」が何故私にとっていいサイクルなのかは全くわからないが、実際にこのペースだと何となく文章を書いてしまうのが不思議な感じである。

 ということで、何の目的もなく文章を書いてしまったが、同じようなことを繰り返し書いている感じになってきたので、そろそろまとめて終わりにした方がよさそうである。まあ、こうやって書いている本人が言うのもなんだが、私自身、次はどのような記事がこのブログに載るのか、ということを結構楽しみにしていたりする。2年目に突入したこのブログは、そうやって私自身でも読むことが楽しみになるようなものになればいいと思っている。

--------

Copyright (c) 2011 ANADA, Koichi. All Rights Reserved.

« 明日で1年 | トップページ | 実態が掴めないもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 明日で1年 | トップページ | 実態が掴めないもの »