« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月28日 (水)

「iCloud」への期待

 この秋から新しく始まることは何かないか、と考えていたとき、ふとAppleが宣伝している「iCloud」のことを思い出した。「クラウド・コンピューティング」というと、インターネット上にデータを保存して、どこからでも使うことができるようにするシステム、という漠然としたイメージは持っている。

 また、以前 google についてこのブログでも少し書いたように、私も今年に入って多少は使った経験もあるが、特に普段から使っている訳ではなく、何となく利用には一抹の不安もあったりする。

 ただ、この秋にApple が「iCloud」のサービスを開始するのに合わせて、私もMacBookProやiPod touchをもっと活用できればいいと思っている。そこで、多少でも不安が解消すればと思い、いつものように「クラウド・コンピューティング」という言葉を辞書で調べてみることにした。

 まずは広辞苑、と思って探してみたが、どこにも見当たらないようだ。巻末を見ると第六版第一刷の発行は2008年1月11日だが、この段階ではまだ「クラウド・コンピューティング」という言葉は辞書に載る存在ではなかったようである。

 一方、最近新しくなったOxford Advanced Learner's Dictionary 第8版には「cloud computing」という項目があり、次のようになっている。

・a way of using computers in which data and software are stored mainly on a central computer, to which users have access over the internet

直訳すると「インターネットを通じてアクセスする、主にデータやソフトウェアが保存されているコンピュータを利用する形態」という感じ。また、iPod touchのアプリ「大辞林」にも載っている。こちらは、多分アプリにしたときに新しい語として加えられたのだろう。引用すると、

・自分のパソコンやLANサーバーではなく、インターネット上に存在するサーバーを利用してデータ処理する形態。[特定のサーバーにアクセスするのではなく、複数のコンピュータからなる分散・並列型の巨大ネットワークにアクセスするため、システムがブラック・ボックス化するという弊害がある]

ということで、前半部分は英英辞典とほぼ同じ。辞書なので、どれを見ても同じ意味なのは当たり前なのかもしれないが、後半の追記部分も合わせてみても、面白いことが書かかれていないのが少し残念。まあ、最近は「広辞苑の中の数学」のような、「のどか」な雰囲気の記述には抵抗もあるのかもしれない。これも時代の流れなのか。

 しかし、専門的な方に偏るのも考えものだと思う。大辞林の後半部分には専門家が考えていると思われる弊害に関する追記があるが、そもそも、辞書でこの言葉を調べる多くの専門外の人にとって、コンピュータやネットワークのシステムがブラック・ボックス化することは果たして弊害と言えるのか。

 おそらく、この項目を担当した人は何か言いたいことがあったから書いたに違いない。ただ、こういう追記を付けるなら、専門外の人にもわかるように「ブラック・ボックス化によってどんな弊害があるのか」について、もう少し具体的に記述するべきだろう。

 辞書を見ると、つい書いてあることが気になってしまうが、話が本題から離れてしまったので、「クラウド・コンピューティング」に戻そう。結局わかったことは、「最近新たに出現したもの」ということくらいで、具体的な部分はよくわからないままだが、とりあえず「こうなっていてほしい」という私の漠然とした期待を最後に書いておくことにする。

 最初に書いた通り、私自身は何となく「インターネット」を通じてデータをやり取りする部分に一抹の不安がある。ただ Apple は、google などのように無料でユーザーを釣りながら広告や個人情報などで儲ける、という形の商売をする企業ではないので、既存の無料サービスとは少し違ったものになるのではないかと思っている。

 その形がどんなものなのかは、私には今のところよくわからない。特に、セキュリティや個人情報の扱いなどは気になるところだ。クラウド・コンピューティングに限ったことではないが、Apple は中途半端に世の中の流れに追随せず、Macの既存ユーザーを大事にしながら一歩先を目指す、という形が私にとって安心できる形なので、そういう路線を「iCloud」も継承していることを期待したい。また、そうであれば、これまでと同様に新しいものを受け入れることができるような気がする。

--------

Copyright (c) 2011 ANADA, Koichi. All Rights Reserved.

| コメント (0)

2011年9月24日 (土)

ピッツバーグ滞在報告

 実は、今週アメリカのピッツバーグ(Pittsburgh)へ行く機会があった。(すでに帰国して日本にいます。)観光ではなく、諸処の事情により、とある conference に顔を出すために行ったのだが、次にまた同じ場所に行く機会があるかどうかもわからないので、今回はそこで撮った写真を紹介することにした。

 まずは、出発前の成田空港。搭乗待ちのとき、ふと JAL の飛行機を見ていたら、操縦席のところに何かあることに気がついたので、写真を撮って拡大してみたら「がんばろう日本」と書いてあった。

Pitts_narita

Pitts_plane

 次はピッツバーツの中心街にあたるダウンタウン。ホテルの近くから撮ったのだが、狭い地域に高層ビルが建ち並んでいる。

Pitts_city

 ちなみに、滞在したところはダウンタウンから橋を渡ったところにある川沿いのホテル。3階の部屋だったが、窓から見た夜景は奇麗だった。

Pitts_night

 conference のメイン会場となっているホテルに滞在したため、滞在中のほとんどはホテル内で過ごしたのだが、少しだけ外へ出る機会があったので、通ったところで何枚か写真を撮った。

 その中の1枚はサブの会場となったところの近くで撮ったもの。 手前は Carnegie Mellon University にある講堂の一つで、その後ろにある高い塔は隣にある University of Pittsburgh の「学びの聖堂」という名前の建物。

Pitts_hall

 もう一カ所は、National Aviary(国立鳥園)。アメリカで国立の鳥園はここだけだそうで、世界中の鳥が集められていてるところである。

Pitts_aviary

 中でも(地元のアイスホッケーチームの名前にも使われているからかどうかはわからないが)ペンギンは入ってすぐの目立つところにいて、キャラクターも置いてあった。(ペンギンの写真は、ちょっとピンボケしてしまいました)

Pitts_pen_char

Pitts_pen

 ということで、ここまでが滞在報告。あとは、個人的な雑談だが、英語の方は少し勉強していったものの今回もやっぱり通用しなかったようだ。こんな経験をさせてもらって恐縮してしまうが、教材にあるのような、比較的はっきりと単語を聞き取れる英語には何とか対応可能、という程度のレベルでは、ネィティブの人が喋っている英語を聞き取ることは非常に難しいことを改めて痛感させられた。

 喋る方も同様で、その場の状況に応じて間違えがないように振る舞うのが精一杯。これまでと同様、結局は紙とペンを持って筆談を交えながら何とかしのいだ程度である。一つだけこれまでと違ったことは、iPod touchを電子辞書化したおかげで、コミュニケーションのツールとしてiPod touchを利用できたことくらい。

 いつかは、こういったものに頼らずにコミュニケーションがとれるようになりたいのだが、まだまだ勉強が足りないようだ。結局は経験を通して恥をかきながら勉強していくしかなさそうである。

--------

Copyright (c) 2011 ANADA, Koichi. All Rights Reserved.

| コメント (0)

2011年9月20日 (火)

秋へギアチェンジ

 秋分の日を中日として1週間ほどが「彼岸」ということだから、暦の上では今日が彼岸入り。先週までは残暑が厳しく、気分はまだ夏のままだったが、「暑さ寒さも彼岸まで」という言葉もある。そろそろ秋のことを考える時期になってきたようだ。

 また、前回夏の節電の報告を書いたが、夏の気分もこれで一区切り。今週は連休で休みも多いので、今回は気分転換をかねて、本格的な秋のシーズンに入る前のこの時期をどう過ごせばいいかについて考えてみた。

 秋と言えば、「スポーツの秋」「読書の秋」「勉強の秋」「芸術の秋」「食欲の秋」など、意欲が増してきそうなイメージの言葉が多い。私自身、四季の中で「秋」は好きな季節で、いろいろなことに前向きに取り組むことが出来る季節だと思っている。

 例えば、ジョギング。最近ジョギングの話をブログで全くしていないが、理由は簡単で書くネタがないからである。実は、以前から毎年夏の暑いときには、バテないように走る距離や時間を意図的に短くしていて、大会にも参加していない。

 それを切り替えて、走る距離や時間を増やし始める時期が、ちょうどこの時期。また、9月は、毎年参加している青梅マラソンを始め、多くの冬の大会の申込が重なる時期で、こういうことも「そろそろ本格的に走り始める季節かな」という気分を後押しする。

 ただ、何事も無理は禁物。急に距離を増やそうと焦ると怪我をして、大事な秋のシーズンを棒に振ってしまう可能性が高い。そこで、本格的な秋のシーズンを迎える前の今の時期に、体に無理のない程度に徐々に体を慣らしていく必要がある。

 この彼岸の時期から9月の終わりまでの間は、暑さも和らいでくるので、そうやって前向きな意欲を少しずつ蓄えながら、無理のない程度に徐々に「夏から秋へギアチェンジ」という時期だと思う。

 他のことも同様で、読書や勉強をするにしても、何となく8月の猛暑や9月前半の残暑の時期は気分的に集中できないことが多い。そんな中で、「勉強の秋」だからといって勉強量を急に増やそうとしても、うまく切り替えることが難しい。

 こういうときには、例えば「何となく本棚やテキストの目次などを眺めてみる」ということをしてみるのはどうか。私自身、この季節に限らず、よく図書館や書店などで必要な本を見たり買ったりするついでに、いろいろな本棚を眺めたりしている。

 ほとんどの場合、ただ本棚を通り過ぎるだけなのだが、そういうことを繰り返していると、ふと「これ読んでみようかな?」とか「これ、何だろう?」などと思って手に取ってみたくなることもある。それでも集中できない時期は、そう思っただけで通り過ぎてしまうのだが、今の時期は気分的に実際に立ち止まって本を手に取ってみることも多くなるように感じている。

 勉強も同じで「勉強してみようかな」という気分だけでも今の時期に何となく高めておくと、本格的な秋のシーズンには実際に勉強に集中できるようになるかもしれない。そのために、勉強をやる気にならないときにでも、テキストの目次などを休憩時や寝る前などに何となく眺めてみる、なんてことをしてみるのも悪くないだろう。

 何事も無理は禁物だが、だからといって秋に何もせずに終わってしまうのは本当にもったいない。今の時期に徐々に「夏から秋へギアチェンジ」して、意欲の傾きを少しずつプラスに保ちながら、本格的な秋のシーズンに備えることにしよう。

--------

Copyright (c) 2011 ANADA, Koichi. All Rights Reserved.

| コメント (0)

2011年9月16日 (金)

夏の節電の報告

 今回は、ブログでも何度か採り上げた夏の節電の報告をしよう。私としては微力ながら節電をしているつもりになっていたが、「電気ご使用量のお知らせ」をみると、それが数値に現れていてホッとしている。

 上の写真が8月分(7月11日から8月8日)、下の写真が9月分(8月9日から9月8日)のもの。去年もそれほど電気を無駄遣いしていたとは思っていなかったが、この削減率は、(節電の努力以外にも)私の住んでいる地域では夕方や夜は突然の大雨が多くて夜の気温が思ったほど高くならなかった、などの要因が重なったことも幸いしたのかもしれない。

Setuden8

Setuden9

 続いて、以前ブログに書いた時と同様「電気事業連合会」のデータも調べてみた。7月のブログ記事では、今年の5月までのデータしかなかったが、現時点では6月分と7月分のデータがある。その中で東京電力管内の「従量電灯」は

2011年6月従量電灯: 3,962,473,000 kwh
2011年7月従量電灯: 5,445,258,000 kwh

となっていた。昨年同様、さすがに6月は少ない。ここで、念のため東京電力管内の昨年の5月から7月までのデータも再度引用しておこう。

2010年5月従量電灯: 5,336,306,000 kwh
2010年6月従量電灯: 4,227,929,000 kwh
2010年7月従量電灯: 5,828,304,000 kwh

 東京電力管内の従量電灯全体の削減量は、6月と7月ともに「約7%弱」といったところである。実際の節電目標は「電力需要ピーク時の量を昨年より15%削減」ということなので単純に比較はできないかもしれないが、契約者ごとに配布される「電気ご使用量のお知らせ」に示してある削減率も「1ヶ月の合計」の比較なので、ここでも同様に1ヶ月の合計で評価してみることにする。

 その上で、今年の7月の量を再度見てみると、「昨年の5月よりはちょっと多め」という量である。これは、以前4月のブログ記事で「2010年5月」と「2010年8月から20%削減」を比較して考察した際に計算した分とほぼ同じ。ちなみに、4月の記事の中で計算したものを引用すると、

2010年8月×0.8 =5,454,364,800kw

となっている。ただ、今回は8月分ではなく今年7月分との比較なので「1ヶ月の使用量としては、著しく節電効果が現れた訳ではないが、使いすぎた訳でもない」といったところだろうか。約7%弱という削減率と合わせて考えても、結論としては「可もなく不可もなく、全体の節電量としてはこんなものか」という、何とも中途半端な結果になったようだ。

 これで何となく一息ついた感じだが、今後の電力供給の見通しもよくわからず、冬にはまた電力不足が心配されている。結果的に電力が不足しなければいいのだが、電力会社も本気で節電をお願いするなら、節電に協力した家庭に対して何らかのサービスを行う、などの工夫も少しは必要なのではないか、という考えも出てきてしまう。

 とりあえず、今のところは残暑で夏も終わっていない感じで、まだ「冬の準備」という気分になっていないが、そのうち、冬の電力量についても考察してみることにしよう。

--------

Copyright (c) 2011 ANADA, Koichi. All Rights Reserved.

| コメント (1)

2011年9月12日 (月)

新しいデジカメ

 今年に入って、パソコン(マック)など、いろいろなものをリニューアルして新しいものにしているが、最近また一つリニューアルした。8月に入ってデジカメで撮った写真をブログでよく使っているが、新しくしたものとは、そのデジカメである。

 これまで使っていたものは「オリンパス C-40 ZOOM」という機種。発売は今から10年前の2001年。私が購入したのは2002年か2003年頃だったと思う。400万画素と、今では携帯のカメラよりも劣るが、販売当時は約10万円弱もするものだった。性能や使い勝手に特に不満がなかったことに加えて、昨年までは(デジカメに限らず)新しいもの自体に興味があまりなかったので、約8年から9年もの間使い続けていた。

 ただ、最近動作が少しおかしくなってきて、さすがに買い替える時がきたと思い、先日近くの家電量販店に行き、そのときに最も安かった約8千円程度の「オリンパス VG-110」を購入。約1200万画素で、安いものなので特別な機能は特にない。

Digi_com
(左が「VG-110」右が「C-40 ZOOM」)

 単純に比較すると、10年前の画素数で約3倍のものが1/10以下の値段で買える、ということになるのだが、この差について少し思うところがあったので、今回はデジカメについて書いてみることにした。

 この2つを比べてみて、私の率直な印象は「10年たったのに、こんな程度しか変わってないの?」という気持ちである。まあ、10年前に「(当時は高画質だった)400万画素クラスで世界最小・最軽量」という当時の先端機種と、現在最も安く売られている機種を比較するのは多少無理があるかもしれない。ただ、最も安い機種といっても、顔認識の機能もついているのなど、10年前のものよりも性能は当然いい。

 それが1万円しない値段で買えるのだから、ずいぶん変わったではないか、という考え方もあるかもしれない。確かにそう言われればそうかもしれないが、その「変わった」という感覚が、例えばiPod touchを手に入れたときに感じた「新しいもの」の感覚とは、かけ離れているような気がする。

 また「だったら、何でそんな安い機種を買うのか?」という反論を受けてしまうかもしれない。しかし、正直なところ私自身はカメラ自体に興味がある訳ではない。例えば、撮った写真をフォルダに分けて管理する機能すらなく、本当に写真を撮るだけのものなのに、1万円近くしてしまうのは何となく納得がいかない、というのは言い過ぎだろうか。

 今は携帯電話などについているデジカメ機能でも事足りることが多く、さらにスマートフォンやiPod touchなどはハードウェアだけでなく、今後はソフトウェアの進歩も期待できる。カメラにはカメラ自体の性能の向上や機能の充実も必要かもしれないが、結局は「ものつくり敗戦」の本の話と同じように、「ソフトウェア」がカメラ自体の性能を凌駕して、最終的には専門家やマニア向けの高性能な機種以外はなくなってしまう、という方向へ進んでいるような気がする。

 個人的には、携帯電話に何でもかんでも機能を詰めて一つにすればいい、とは思っていない。そもそも、機能によってニーズはそれぞれ違うはずなのだから一極集中にするのはよくない、というのが私の考え方なので携帯電話とiPod touchを使い分けていたりする。それに、特に携帯電話で困ることもないのに、デジカメを使うために携帯電話の機種を変える、などという選択を私はしたくない。

 こういう考えの人がどの程度いるかは定かではないが、世の中にはいろいろな考えの人がいるのだから、カメラのメーカーの方も低価格のデジカメにも目を向けて、少しは進化させてほしい。

--------

Copyright (c) 2011 ANADA, Koichi. All Rights Reserved.

| コメント (0)

2011年9月 8日 (木)

結構使える公衆無線LAN

 8月は、少しこれまでと雰囲気を変えて長めの文章を多くしたのだが、前回も書いたように少々くたびれたので、ブログの内容も7月以前の感じに戻していこうと思う。ということで、以前から採り上げている話をしてみることに。今回は公衆無線LAN(WiFi)の話。

 最近、携帯各社がスマートフォンの普及により「携帯の回線がパンク状態」で、パケットの定額制を見直す動きがある、ということが報道されている。その一方で、スマートフォンの通信を無線LAN(WiFi)の拡充の動きも出ていて、docomoやソフトバンクに続いて、auも公衆無線LANのサービスを開始したようである。

 個人的な話になるが、こういう話が出てくる少し前に無線LANについていろいろと調べていて正解だった。7月にブログに書いたように、今は少々不便なのだが、docomoの公衆無線LAN(WiFi)の基地局も、現在の約6,800局から、1年以内に3万局、数年後には約10万局まで拡大する予定、という報道もある。

 今のところWiFiは携帯の回線のパンク状態を軽減するための補完的な位置づけのようである。確かに、携帯の方は全国のほとんど至る所で繋がる一方で、WiFiだけでは不便だということは私も使っていてよくわかる。

 ただ、電話はともかく、メールやその他の(ネット上の)情報は、別に全国どこでも繋がってなくてもそれほど不便なことはなく、近くに繋がる場所があればそれで済むし、さらに事前にわかることであれば調べてから外出すれば済むことがほとんどである。

 docomoだと、地下鉄の駅は繋がるし、コーヒーショップも大丈夫。先月長野の方へ行った際には、ホテルの近くのショッピングモールにあるコーヒーショップで使えたので、(コーヒー代はかかるが)それほど不便は感じなかった。沼津へ行ったときには駅の近くのコーヒーショップでは使えなかったが、滞在時間が数時間だったし、情報は事前にある程度チェックしていったので問題はなかった。

 他には、高速道路のサービスエリア(SA)の無料休憩所(無料でお茶が飲める所)など「FREESPOT」という公衆無線LANサービスが使える。SA以外にも使える場所はたくさんあるが、スマートフォンが普及してきた割には知らない人も結構多いかもしれないので簡単に紹介しよう。

 名前の通り、携帯端末(WiFi対応スマートフォン、iPod touchなど)や無線LANが使えるパソコンを、サービスエリア(SA)の無料休憩所に持っていけば、誰でも無料で使える。使い方は簡単で、iPod touchやiPhoneなら「設定→Wi-Fi」でネットワーク選択のところへいき、「FREESPOT」があったら、そこをタッチすればよい。これで、Safari などが自由に使える。

 ただ、無料で誰でも使えるだけあってセキュリティには気を遣う必要がある。例えば、メールやその他のプライベートなことは暗号化(セキュア)を行うか、あるいは携帯の回線を使う一方、観光や食事の情報、あるいは最新ニュースや交通情報などを見るのは公衆無線LANの回線で、という使い分けが考えられる。

 あと、ついでに注意をすると、セキュリティが心配なので、「FREESPOT」でWiFiを使い終わったらすぐにWiFiのネットワークの設定を削除するべきである。 iPod touchやiPhoneでは「設定→Wi-Fi」でネットワーク選択のところまでいき、「FREESPOT」の右にある「>」を触って画面が変わったあと、「このネットワーク設定を削除」を押せばよい。(削除したあと、また使いたくなっても、すぐに繋がるので心配はない)

 いろいろと気を遣うので、とっても面倒に感じるが、携帯のパケットの多くは必要なメール以外の情報を見るために使っていることが多く、携帯の回線では必要なメールのやり取りだけ、という形に限定すればパケット代も結構節約できるだろう。それに、今後もし本当にパケット定額制がなくなってしまったら、皆がこういう使い方をしなければならなくなるかもしれない。

 繰り返しになるが、そうなる前にWiFiが使えるところをチェックしておいて正解だった。前にブログで書いたときには「新しいものに慣れようとすると、結果的に以前の習慣・感覚で過ごす方がいい、という結論になることが多い」というようなことを書いたが、それでも少しは新しいものの方に向かっていたことがわかって安心した。

 私は、去年まで携帯電話を使ってなかったのでよくわからないが、携帯電話もこれほど便利になったの最近のことで、何年も前は不便なところで使っている人も多かったに違いない。何年も前の携帯電話の利用環境に比べれば、今の公衆無線LANは通信スピードは速いだろうし、思っているよりは結構便利に使えるような気がする。パケット定額制がなくなってしまうような事態に備えて、ちょっと前の不便な頃に戻った気分でWiFiを試してみるのも悪くないと思う。

--------

Copyright (c) 2011 ANADA, Koichi. All Rights Reserved.

| コメント (0)

2011年9月 4日 (日)

海を見に日帰り旅行

 7月の記事に「夏休みに個人的に旅行に行きたい」という話をちょっと書いたと思う。実のところ、仕事では山の方ばかり行くため、ちょっと海の方へ行ってみたいな、と前々から思っていたのだが、なかなか実行にうつせなかった。

 また、ここ一ヶ月ほどはブログの文章をいろいろと考えながら長めに書いて、正直なところ少々くたびれてしまったので、ブログの記事の気分転換もかねて、思い切って日帰りでちょっと出かけてみることにした。

 行った場所は「沼津港」。時期は、8月がもうすぐ終わりそうな頃(台風が来る前)。ちょうど昼くらいに着きそうだったので、昼食に海のものでも食べて、その後に海沿いを散歩する、という計画である。今回はそのときの行動を簡単に載せることにした。

 まずは、沼津駅からバスに乗り換えて沼津港へ。

Numadu1_kou

 着いたら早速昼食。少々せわしないが仕方がない。入ったのは「かもめ丸」というお店。席に座って、食前に「いずみ沢」という焼酎をロックで注文(+お通し)。

Numadu2_izumisawa

 食事は、「ぬまづ丼」という丼ものとアジの握り寿司を注文。「ぬまづ丼」には、混ぜご飯の上に「生桜海老・生しらす・アジのたたき」がいっぱいのっている。

Numadu3_don

 食べる前にお店の人から「下が混ぜご飯なので醤油をかけすぎないように、小皿でねぎしょうがと醤油を混ぜて、それを上から少しずつかけてください」という注意を受けたので、その通りに食べたら美味しかった。また、個人的には、派手に飾っていないのが気に入った。

 昼食後、少し休んでから、徒歩で「沼津御用邸記念公園」までのんびり散歩。

Numadu4_map

 この周辺は「日本の渚百選」に選ばれているそうだ。

Numadu5_nagisa

 富士山の眺めもいいらしいが、残念ながら曇っていて見えなかった。

Numadu6_sea

Numadu7_goyoutei

 目的地の沼津御用邸記念公園も海岸沿いなので、そこで旧御用邸を見学した後、海の見えるベンチに座ってしばらく休憩。どの程度そこにいたか定かではないが、海の気分も満喫できたので、また移動して、喫茶室で「戸田塩じぇらーと」というアイスを注文。

Numadu8_hetajio

 あとは、バスで駅まで移動して、帰りの電車の時間まで商店街入口のところにあるコーヒーショップで時間をつぶす。MacBookProを持っていったので、ここの屋外の席でブログの下書きをしながら1時間程度過ごした。

Numadu9_mac

 滞在時間は数時間程度だったが、天気も悪くならず計画通りにいき、いい気分転換にもなった。ということで、9月はあまり根をつめずにボチボチいくことにして、今回はとりあえずこの辺で終わりにしておこう。

--------

追伸:
正17角形・頂点決めのメモを作りました。これからまた忙しくなるので、根をつめず気長に、また暇になったら少し考えてみようとは思ってます。

--------

Copyright (c) 2011 ANADA, Koichi. All Rights Reserved.

| コメント (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »