« 「結果」という単語 | トップページ | 「キリ」の善し悪し »

2011年4月25日 (月)

何となくキリがいい

 今年は大震災の影響もあって、4月にスタートという気分になれない部分もあったが、今週末・来週はゴールデンウィークの休みを利用して、リフレッシュして「5月からスタート」という形も悪くない。

 また、3月の年度末には自粛ムードもあったが、「久しぶりのマラソン」の記事でも書いたように、最近は普通に生活して日本を活気づける、という雰囲気も出ている。そういう意味で、連休明けからスタート、というのは何となくキリが良さそうである。

 そんなことを考えながら、4日ごとのブログの更新を、と思いページを開いてふと気がついたことがある。前回はまったく気がつかなかったが、前回の4月21日で、今年に入ってちょうど30個の記事を書いたことになっていた。こちらの方も何となくキリがよい。

 ということで、今年で31個目となる今回は、今年に入ってこれまでに書いた記事などを整理して、5月の連休明けからのスタートに備えようと考えてみた。

 今年に入って前回までにどんな記事を書いたのかを調べてみると

  • 日記・コラム... 11
  • ジョギング... 4
  • ニュース... 6
  • 地域のこと... 3
  • その他... 6

といった感じである。だた、「日記・コラム」と「その他」に含まれるものは、どのカテゴリーに入るのかよくわからなかったものが多いので、ゴールデンウィークの休みに入って暇なときに改めて細かく分類しようと思う。また、記事の個数もキリがいいので、前回までの記事を「過去の記事のメモ」の項目に加えることにしよう。

 今年のこれまでの内容を振り返ってみると、副題の「前を向くために...」ということをあまり気にせず書いていた割には、1月に書いた「失敗・成功のことわざ」や震災後の「応援する気持ち」「普段の生活のペース」などのように副題の趣旨とだいたい一致しているものもあるようだ。

 また、大体の記事は、意欲をマイナスにしないような方向で書けているように思う。去年「意欲の傾き」に書いたが、何とか意欲もプラスで維持している感じである。

 このブログの最初の記事「前を向け!」も少し読みなおしてみたが、あまりよそ見をせずにその時々でとりあえず何かしようと考えていると、特に意識していなくても自然と何らかの方向へ進んでいくものなのかもしれない。

 こうやって見直してみると、「5月からスタート」という形は、スタートダッシュするよりは「少しずつプラスを維持しながら気分新たに」という感覚が良さそうだ。休みの間に、これまでの整理と今後の計画を考えながら、気張らずに前を向いていくことにしよう。

--------

Copyright (c) 2011 ANADA, Koichi. All Rights Reserved.

« 「結果」という単語 | トップページ | 「キリ」の善し悪し »

コメント

今日(4月27日)確認したら、カウンターの数値が10000を超えていました。こちらの方も何となくキリがいい感じです。読んでいただいている皆様、ありがとうございます。

投稿: 穴田浩一 | 2011年4月27日 (水) 08時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「結果」という単語 | トップページ | 「キリ」の善し悪し »