« 春の始まり? | トップページ | 便利なものが増えると... »

2011年3月 6日 (日)

大学入試で逮捕者

 先週、大学入試の不正(カンニング)の件で逮捕者(偽計業務妨害容疑)が出た。当然、不正行為は許させるものではない。結果を無効にする(合格取り消し)などの対応となるのは当然であろう。



 一方、逮捕容疑の「偽計業務妨害」とは何なのか。あまり詳しいことを知らなかったので、この機会に調べてみることにした。まず、広辞苑で「偽計」を調べてみると、



  • 「偽計」...他人をあざむくはかりごと。また、その手段。


と書いてある。これをみると、私のような素人でも、カンニングは「偽計」になることは納得できる。また、手元には少し古い模範六法(2001)しかないが、その中の刑法233条に次のような条文がある。



  • 虚偽の風説を流布し、又は偽計を用いて、人の信用を毀損し、又はその業務を妨害した者は、三年以下の懲役又は五十万円以下の罰金に処する。


この条文のうち「偽計を用いて」「その業務を妨害した」ということが今回の逮捕容疑となっているようである。さらに、続けて「妨害」について、模範六法に



  • 妨害とは、業務の執行自体を妨げる場合に限らず、広く業務の経営を阻害する一切の行為を指す。


と記載してある。例えば今回の場合、京都府警は「試験制度を根底から損なわせる上、大学が対応に追われ、本来業務に支障を来した」ということが業務妨害にあたる、としている。



 要するに、非常に重大な事件から些細なものまで、どんなものでも「何か人を欺く行為をして、何処かの企業・団体でその処理のための対応に追われ、そこの本来業務に支障を来した」という事実が証明されればこの罪に問われることになる、ということのようである。



 ところで、携帯電話に限らないが、便利になればなるほど世の中がだんだん悪くなっていくような気がするのは私だけだろうか。そういう意味でも、今後は不正行為をさせない対応をするのはもちろんだが、学校や予備校でもある程度は法律の知識を持って不正行為に対処する必要があるのかもしれない。



 また、不正をした本人は「カンニング」は決して許されない行為だということは認識していたと思うが、このような罪に問われるとは思っていなかったのではないか。これは、私もそうだし、多くの人が同じように感じていることのような気がする。



 実際、もしこのような法律の知識が予備校や質問回答者にあれば、入試より前に行われた模擬試験で同様のことが起こった時に何らかの忠告はしただろう。それで不正がなくなるかどうかはわからないが、大きな抑止力になると思う。



 この件に限らず、世の中に便利なものが増えていくと、「知らなかった」では済まされない問題がさらに出てくるかもしれない。その全てに「best」の対応をすることは不可能だとしても、できるだけ「better」な対応ができるように、きちんと勉強しておくことにしよう。



--------


Copyright (c) 2011 ANADA, Koichi. All Rights Reserved.

« 春の始まり? | トップページ | 便利なものが増えると... »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 春の始まり? | トップページ | 便利なものが増えると... »