« 今回は無難に完走 | トップページ | 春の始まり? »

2011年2月26日 (土)

春への準備

 春夏秋冬というように、四季の中でも「春」は1年の最初の季節という意識を持っている人が多いと思う。また、英語の「spring」には「春」の他にも「泉」「バネ」といった、「何かが湧き出す所」「伸びる・飛躍する」というものを連想させる意味も含まれている。こんなところにも「春」に何かを期待をする気持ちが表れているのかもしれない。

 ところで、今回「春」について書いてみようと思った理由は単純で、2月25日東京では気温20度以上で春一番が吹いた、というニュースを見たからである。またすぐに寒くなるようだが、そろそろ春にいいスタートが切れるように準備をしておいた方がいい時期になってきた。

 しかし、急に「春」になると言われても、気持ちの方はまだ冬で、先日まで雪や寒さの対策を考えていた気分が抜けていない。それに準備といっても、今の時期には「春」に起こることがあまり明確になっていない部分が多いのが難点である。

 例えば、学校では4月から新学期がスタートすることになっていたり、職場でも人の入れ替えや仕事内容の変化など、いろいろと考えられるが、そのとき何が起こるかといったことは、実際にスタートしてみなければわからないことが多い。

 ただ、それでも想定できることが無い訳ではない。そう思って1月に紹介した「失敗百選」を見てみると、2002年4月に起った「みずほ銀行勘定系システム障害」の話が目についた。この原因はいろいろと考えられるが、結局「初動の意思決定が二転三転したうえに、1年中で最も忙しい4月はじめに始動させようとして、最終検査する余裕がなくなった(失敗百選 p.309)」ということのようである。

 個人のことを考えても、特に4月初旬の新しい環境に変わったばかりの時には、環境に慣れるための時間や、想定外のことへ対処するための時間的余裕などが必要となる可能性がある。そういったことをまったく考慮せずに「春」に何かを試みても、うまくいかないことが多いように思う。

 時間的余裕と言えば、私の個人的な話だが、元旦の記事に「仕事でやるべきことは、遅くとも締切の3日前には終わりにする」と書いた。そこで、今年はカレンダーには締切の3日前にやるべきことを付箋に書いて貼ることにしている。この「3日前」という設定が私には合っていたのか、今のところ無理なく仕事をこなしていると思っていて、加えてブログ更新などを含めたゆとりも持つことができている。

 私にとっては、このペースを保つことが「春への準備」ということになると思う。それでも、これまでの2ヶ月とまったく同じでいいかどうかは、よくわからない。これからさらに、新たに何かを始めるのにふさわしい時期など、いろいろと春へ向けて検討してみることにしよう。

--------

Copyright (c) 2011 ANADA, Koichi. All Rights Reserved.

« 今回は無難に完走 | トップページ | 春の始まり? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今回は無難に完走 | トップページ | 春の始まり? »