トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月28日 (日)

ブログを始めて1週間

 コンピュータを目の前にして文章をあれこれ考える。これまでにこのような経験をしたことはない。実のところ、私は根っからの理系人間で、文章を書くことは苦手である。また、これまで自分自身に関することを言葉や文章だけで伝える努力をしたことがほとんどない。しかし、こうやってきちんと文章を書こうとすると「自分自身を言葉で表すと?」といったことを必然的に考えることになるのだが、その答えが全く出てこない。
 ところで、最近ではコンピュータや携帯電話などを利用して気軽に自分自身の情報を発信することができるようになった。私も今それを使っている。他の人のブログなどを見ると、カラフルなデザインで写真なども多く、人それぞれいろいろと個性を出しながら情報を発信していることがわかる。ただ、中にはここまでプライベートな情報を書くこともないのに、と思わずにはいられないものもあるような気がする。
 インターネットなどの本や雑誌には、自らの情報を発信することの楽しさを宣伝する文句が並んでいる。しかし、私自身は、こういう文章を書いていても、プライベートな部分を細かく情報発信したいと思ったことは今のところない。それは何故なのか、と思い、ちょっとだけ考えてみた。
 情報社会の危険性について警告している人がたくさんいることは承知している。私もそのような知識は持っているつもりでいる。しかし、だからと言って、そこから離れようとしても、結局は自分自身の存在をこの危険な情報社会から消すことはできない。消すことができないのなら、積極的に関わりを持った方がいいのかもしれないのだが、私自身は文章を書くことが苦手で表現力も貧弱である。
 本や雑誌では、こういった私のような人が積極的に情報社会に関わっていく一つの手段として「自分自身の情報を発信する」という方法を宣伝しているのだろう。しかし、私はひねくれ者なのか、このような記事を見ると「自分自身を言葉で表すことができない私のような人間にそんなことを宣伝する、ということにいったいどういった意味があるのか?」などと逆に勘ぐりたくなってしまう。
 そう考えると、私はおそらく「自分自身の情報を発信することは楽しい」という情報に危険性を感じているのかもしれない。何が危険なのか、と聞かれても「それがわかるくらいなら、聞かれる前にここに書いている」と答えるだろう。まだブログに文章を書き始めて1週間。それほど簡単に答えることができない問題である、ということだけは理解できたと思っている。
 ここまで、とりあえず記事を増やそうと思い、これで5つ目の記事が完成する。ただ、1週間にこれだけの文章を書くのはさすがに疲れる。自分自身のことをそのまま書いた方が楽に増やせるのかもしれないが、今のところそういう気にはなれない。とりあえず、文章を書くペースを週に1つか2つ位に落としてみて、それからもう少しこの問題を考えた方がいいのかもしれない。

--------

Copyright (c) 2010 ANADA, Koichi. All Rights Reserved.

| コメント (1)

2010年11月26日 (金)

中途半端な11月

 今年も残りあと1ヶ月とちょっと。この時期はいつも「今年、何かやり残したことはないか?」ということが少々気になる。ただ、「まだあと1ヶ月ある」という気持ちのゆるみも手伝って、結局は何も思いつかないまま何となく過ごしてしまう。年末になって「11月のうちにやっておけばよかった」と思う事柄が毎年出てくるはずなのだが、それに気づくことなく今年の11月も終わっていくのだろう。
 それにしても、11月というのは何とも中途半端な月である。その一つ前の10月は「読書の秋」「運動の秋」「食欲の秋」などといったように、一般的にさまざまな事柄に取り組む意欲が増してくる可能性の高い月ということができる。また、一つ後の12月は当然その年を締めくくる重要な月として、自然に充実させたい気持ちにさせられる。それに対して、11月は「10月の意欲を持続させる月」なのか、「12月の締めくくりの準備をする月」なのか。まあ、意味はともかくとして、来年の11月は何とか充実させたい、と思い、いろいろと考えてみた。
 私自身、毎年10月は確かに本を読む量、ジョギングする距離などが自然と増していくことが実感できる。そんなときには、さらに新たなことにチャレンジしてみようという気持ちにもなってくる。それが11月まで続けばいいのだが、中々うまくはいかないことが多い。原因は一言で言えば「疲労」である。本を読んでいると目の疲れ、走っていると足の疲れ、などといったモノが知らないうちに溜っている。
 そんなときに「意欲の傾きは?」などと考えながら少しずつ10月の意欲を持続させることも可能かもしれない。しかし、実際には疲労を取ることも考慮しなければならない。実際、11月には「勤労感謝の日」という祝日があることも考えると、「ちょっと立ち止まって休息をする」ということもこの時期には必要なことなのだろう。
 ここまでは何となく納得できるし、実際に行動することもできると思う。しかし、問題はこの後である。11月23日の勤労感謝の日が終わった後も、11月はまだ1週間ほど残っている。それがちょうど今である。この1週間はいったい何をすればいいのか。疲労が抜けきれたとは言えないが、休むこともできない。そんな時期に「年末までに何をすればいいのか?」などと考えてみたところで、何か思いつくはずもないまま1週間があっという間に過ぎていく。そうやって、毎年毎年中途半端な気分だけが残って11月が終わっていったのだろう。
 こう見ていくと、「勤労感謝の日より後の1週間」を如何に過ごすか、ということが11月を充実させるためには非常に重要になってくるような気がしてきた。何をしたらよいのか、ということが明確になった訳ではない。ただ、それを明確にしようと今考えていたら、また去年と同じ中途半端な11月に終わってしまうに違いない。結局、11月を充実して過ごすためには「今の時期にやるべきことを明確にしよう、と考えることをやめる」ということが最も有効なのかもしれない。
 「考えることをやめる」ということは今すぐにでもできそうである。何も考えずに1週間休まず過ごしてみると、もしかしたら今年やり残したことに気づくかもしれない。

--------

Copyright (c) 2010 ANADA, Koichi. All Rights Reserved.

| コメント (1)

2010年11月23日 (火)

スタートライン

 今日は祝日である。数年前から健康のためにジョギングをしているが、休みを利用して地元近くで行われた市民マラソン大会(距離は10km)に参加した。ゆっくり(10kmを約60分)ではあるが、このような形で忙しいときにも時間を見つけて少しでも走るように心がけている。ただ、そう言いながらも昨日までの仕事で少々つかれている上に今日は朝起きたらあいにくの雨。このような朝に「今日の走る意欲は?」などということを考えてしまうと、これまでの経験上あまりいい結論が出たことがない。こういう場合、「走る意欲」を朝起きたときに考えることはやめることにして、とりあえず何も考えずに「スタートライン」まで行こう、と心に言い聞かせながら家を出ることにしている。
 日によって調子の波はあるが、こういったときでも、スタート地点にいる人達の「走る意欲」を目の前でみると「それほどノリ気ではないがとりあえず走ってみてもいいかな」などと思うことがほとんどで、実際に始まってみると、朝の調子の悪さはすっかり忘れて、ラスト1kmの看板を目にしたとたん全力でラストスパートをしていたりするから不思議なものである。そしてゴールをすると「今日も調子が悪いなりに走ることができた」という結果が残ったことに満足する。
 こういった地元のローカルな市民マラソン大会でも、当然、できるだけ早くゴールに着くことを目標に、記録更新のため、あるいは順位を競って走っている方々がいる。こういった方々を私は尊敬している。しかし、私は記録も順位も目指していない。そもそも、私は普段から腕時計をつけていないが、今日も時計を持たずに走った。では、私は何を目標に走っているのだろうか、と思い、ふと考えてみた。
 「ゴールライン」を目指しているには違いない。ただ、よくよく考えてみると、10kmの大会、ハーフマラソン、フルマラソンなど、その時によってゴールまでの距離はまちまちである。実際、今日は10kmの大会だったから10kmで走るのをやめたのだが、もしハーフマラソンなら21.0975km、フルマラソンなら42.195kmの距離になるまで走っていただろうと思う。このような「ゴールライン」は、私にとっては、単に走ることをやめる位置といった程度のもので、「目標」などという大げさなものではないようである。
 一方「スタートライン」は、どの大会でも同じ0km地点に存在する。0km地点というと「まだ何もしていないではないか」と思うかもしれないが、実際にはそうではない。今日もそうであったが、この0km地点に行くまでに結構苦労するものである。また、「0km地点」が存在するから、その先の「ゴール」も存在する。そう考えると、「ゴール」というものは、あくまでも「スタートライン」に付随して定められるものである、という見方もできる。
 今、改めて私自身のこれまでを振り返ってみると、ゴールしたときよりも、苦労して「スタートライン」までたどり着くことができたときの満足感の方が大きいような気がしてきた。また、その場所にたどり着いて初めて明確に「ゴール」のイメージが見えてくる、ということもよくあることである。私はもしかしたら「スタートライン」に立つために走っているのかもしれない。普段少しでも時間を見つけて走っているから「スタートライン」に立とうと思えるのであって、忙しいからと走ることをやめてしまったら、そう思わなくなってしまうのではなかろうか。
 今日も何とか「スタートライン」に立つことができた。また次の大会の「スタートライン」を目指して明日からボチボチ走ることにしよう。

--------

Copyright (c) 2010 ANADA, Koichi. All Rights Reserved.

| コメント (1)

2010年11月21日 (日)

意欲の傾き(伸び)

 「右肩上がり」という言葉がある。これは、ある状態の時間変化を左から右へ連続的に描いた際、右にいくにしたがって段々高くなっていくこと、すなわち、何かの状態が時間が経つにつれて段々よくなっていくことを表している。例えば、あるモノの売上高が「右肩上がり」のとき、それを折れ線グラフに表すと減ることなく上昇している。
 このようなときに、我々はその折れ線グラフのどの部分を見て「右肩上がり」だと思うのだろうか。グラフの高さを見ている人もいるかもしれないが、私はそうではなく「折れ線の傾き」を見て判断している。実際のグラフの高さ(売上高など)がわからない場合でも、折れ線の傾きが正(プラス)であり続けている、ということさえわかれば、それで「右肩上がり」と判断できるからである。この「実際のグラフの高さがわからない場合」でも「折れ線の傾き」を考えることで物事の状態を判断する、という考え方をいろいろな場面に応用できるといいのでは、と思い、それを実践してみることにした。
 例えば、あることをしたいときに「今、それをやる意欲があるか」ということを確かめたい場合、「意欲」の高低を数値にして表すことができればいいのだが、それはかなり難しそうである。また、意欲がどの程度あるかということは、本当は時と場合によって異なると思うのだが、「意欲があるか?」と問い続けていると、そのようなことはつい忘れてしまい、結局「ある」か「ない」か、という2者択一の問いに変わってしまう、ということが私にはよくある。
 そんなときに「意欲の傾き」がプラスなのかマイナスか、という風に少し考え方を変えてみる。個人差はあるかもしれないが、私はこのように考えると「意欲がある」か「意欲がない」かの2者択一ではなく、冷静に自分自身の意欲について考えることができる、と思っている。何かのために勉強をする際に「意欲があるのか?」と自問自答していると、つい「ある」か「ない」かの2者択一に変わってしまい、「意欲がない」ときには結局何もしないで終わってしまうことがほとんどであったと思う。しかし、それが「今日の傾きはプラスだけどそれほど大きくなさそうだから少し勉強量を減らそう」という風に思うと、減らしたなりに勉強をする気にはなることが多く、ほんの少しではあるが「右肩上がり」の状態は維持できるような気がしている。
 ここまでの話でまとめることもできそうだが、実際にはそう単純ではない。というのは、この考え方を逆にしてみると、何か調子がいいときに「今日は意欲の傾きが大きそうだ」と判断したら勉強量などを増やす必要がある、ということになるのだが、これが難しい。意欲の傾きは大きいのだが、そういうときに限って明日までにやらなければならない仕事がたくさんある、ということもよくあることである。
 そのようなとき、私は「そのときに意欲の傾きが大きいと判断したことは間違えだった」と考えるようにしている。実際、私自身を振り返ってみると「意欲の傾きが大きいときに限って仕事が入る」のではなく、普段大したことをやっていない言い訳として、「意欲の傾きが大きいときに仕事が入った」と考えているにすぎないことがほとんどであったと思う。また、そのような言い訳をしているときに限って、本当に何もないときには「意欲の傾き」などというものを何も考えていなかったりする。
 結局、ふと時間が空いたときに「今日は意欲の傾きが大きいかどうか」ということを冷静に判断することができれば、忙しいときにでも「右肩上がり」状態を維持することができるのではないか、という結論に至った。私自身、まだまだ若輩者でどの程度冷静に判断しているかは定かではない。ただ、この「どの程度冷静に判断しているか」ということも「傾き」の考え方を使って確かめようとするとキリがないので、この辺で今日の話はやめておこうと思う。

--------

Copyright(c)2010 ANADA, Koichi. All Rights Reserved.

| コメント (1)

2010年11月20日 (土)

前を向け!

 取り立てて言いたいことがあるわけではない。ただ、何も言わないでいると知らないうちに自分自身の虚像がひとり歩きしてしまうのではないか、ふと疑問に思ったことがブログを始めようと考えた動機である。とりあえず、これまでに見たことや考えたことなどを日記風に書いていき、記事を増やしていくことにする。
 最初は、「前を向け!」というタイトルをつけてみた。横や後ろの物事が少々気になる、あるいは、ふと脇道にそれたくなる、ということはよくあることである。そんなときに「前を向け!」という言葉を向けられると、どう思うだろうか。「ハッ」と我に返って前を向く者、「どうせ自分のことではないだろう」と思いながらも誰に対して言われたかが気になって横や後ろを向く者、別の人に「お前、前を向かなきゃだめだろ」と注意する者など、反応はさまざま考えられる。ただ、前を向くとき、それまで少し乱れてしまった何かを正そうとする意識が自然と働くことは皆に共通していることなのではないかと考えている。
 私は人に何かを注意するときに、(相手によって表現は異なるが)よく「前を向け」「前を向いた方がいいよ」などと言うことがある。何かに集中すべきときに別のことをしている人に対して「それをやめなよ」といっても中々やめないことが多い。そんなときに「前を向け」という言葉はシンプルであるが「今は脇道にそれるときではない」「やるべきことに集中するべき」「何事も前向きにとらえてやっていこう」などというように、その時と場合、あるいは相手によっていろいろな意味を持つ。また、ネガティブな「やめろ」という言葉には反応しない人であっても、ポジティブな「前を向け」という言葉にはきちんと反応をして、結局目の前のことをきちんとやり遂げてしまう、などということもあるのではないかと思う。
 私自身も、やはり「何をするべきか」ということを注意されたときの方が「やってはいけない」と言われるよりもきちんと行動できたのではないかと記憶している。また、注意されないとしても、何か横や後ろが気になったときに、ネガティブに「横を向いてはいけない」と考えていると、結局はつい横を向いてしまうことが多い。しかし、「前を向こう」と意識しているときには横を向くこともなく自然と目の前のことに集中できるものである。実際、これを明日までにやるのは無理だろう、などと思いながらも、そのときに「とにかく前を向いてできるところまでやってみよう」という意識があると、無理だと思っていたことが出来てしまったりして自分でも驚いてしまうこともあったりする。
 そんな魔法の様な「前を向け」という言葉が好きである。

--------

Copyright(c)2010 ANADA, Koichi. All Rights Reserved.

| コメント (1)

トップページ | 2010年12月 »